二往復


朝曇り空。
少しだけ早起きして五反田へ向かう。車中では「竜馬がゆく」の続き。幕末。南蛮人と見れば”攘夷”とばかり斬ることについて。今日的解釈であれば野蛮な行為で終わりなのかもしれないが、そういう緊張感が日本にはあったからこそ列強の侵略を受けなかった、と司馬遼太郎は書く。日本人は当時の外国人にとっても恐ろしい存在だったようだ。トインビーは東アジアで日本だけが唯一列強に侵略されなかった、と言ったそうだ。
古書会館到着。ものすごい本の森。入札していたらオヤジとすれ違う。オヤジより先に入札を終えて出た。空は晴れていた。暖かい。というか、暑い。20度を超えているらしい。バカ陽気だ。
店に戻って荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。午後からオークション出品作業開始。はかどらず(^^;。
土曜はラジオが面白くないので、今日もクラシックをかけまくる。ラフマニノフのピアノ・コンチェルト2番はいいなぁ。ロシアの作曲家って劇的なメロディーが得意だ。チャイコフスキーまで行くと聴いていてちょっと恥ずかしくなるくらい盛り上げる曲を作る。メロウさ一番。母親は「白鳥の湖」に反応していた。
17時過ぎにクルマで再び五反田へ。しょこたんと山田五郎さんのラジオを聴きながら到着。南部事業部の皆さんが大勢で荷捌き中だった。付け合わせと積み込みをお手伝いいただき、無事帰路につく。ちょうどカーゴ1台分くらいかしら。ありがとうございました。
店に戻って荷物を降ろす。通路がふさがった(^^;。これで明日は大市があるんだけど、どーすんの?
夕食後、ラジオを聴きながらオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日付変わる。
4827歩 2.89km 46分 225.4kcal 5.6g
290214.jpg

2009-02-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事