渋谷川下り


朝から快晴。
先日歩いた渋谷川の暗渠。今日は渋谷から下流の蓋をしていない渋谷川の流れを辿ってみようということになった。おそらく1日では歩ききれない大型企画。昼前に3人で出かける。
渋谷駅を降りて246の歩道橋を渡ると目の前に暗渠から解放されたばかりの渋谷川が見える。チョロチョロと流れているかもわからないくらい水位が低い。川は明治通りと並行して進んでいく。というより、明治通りが渋谷川に並行して作られている、と言った方が合っているか。飲食店が多い。お客も入っている。ちょうど昼時。JRA。
並木橋。ここに水門があり、ザーザーと音を立ててとめどなく水が排出されている。今までチョロチョロしかなかった状態に変化。いっぱしの川になる。明治通りはここから先は急にマンション街となり、昼飯を食べさせるようなお店が激減する。
相変わらず明治通りのすぐ横を渋谷川が流れていく。たびたび細い橋がかかっていて川の様子を見ることができる。見事にコンクリートで川岸が固められていて、その割にはクネクネと流れを蛇行させていたが、何か意味があるのだろうか。
しばらくして駒沢通りとの交差点。右に曲がると恵比寿駅。なぜか渋谷橋がかかっている。
駅前でパスタとピザの昼飯。ドリンクが飲み放題。ビルの二階だったが、ワタシたちが入ってすぐに満席となった。どうやら人気のお店らしい。たしかにスパゲッティ・エビと青菜のぺぺロンチーノはうまかった。
駅ビルを覗く。ガラガラのドーナツ屋さん。手造りがウリらしい。いっちょ買ってみるか、と4個セット1150円というのをお土産に買ってみる。
晴れているが風が強い。ビルの谷間を歩いているために日陰で寒い(^^;。娘は、こういう散歩に出るというと、「えー?!つまんなーい」と当初は抵抗するのだけど、いざ歩きはじめれば、街かどに転がっている面白いものを探し出すのが得意だ。明治通り沿いにある”剃刀のように細い建物”は、ワタシと女房は見逃したが娘が気がついた。
天現寺橋交差点が見えてきた。際の公園でしばし休憩。都営アパートが夕日に照らされている。今日はこのあたりで終わりにしよう。自販機でミルクティーとゆず・カボスティーを飲んで一休み。広尾駅から地下鉄に乗って帰ってきた。
戻ってしばし休憩。お土産のドーナツを食べる。ん。こりゃうまい。値段だけのことはある。人生ゲームで遊んだら娘はゲラゲラ笑って上機嫌。
17854歩 10.70km 146分 952.0kcal 37.6g
290208.jpg

2009-02-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事