授業参観


朝は晴れ。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。オークション出品作業を張りきって、と行きたいところだが、思ったよりもはかどらない。昨夜見てきた「チェ28歳の革命」について、しばらくオヤジたちとしゃべる。”わかりにくい”という感想には同感らしかった。
午後、女房と一緒に小学校へ。娘の授業参観日。道徳の時間を観にいくことにした。「野宿生活者を知っていますか?」という授業内容だった。生徒たちにはかなりシリアスな重い内容だと思う。でも、授業をすべて聴き終わってみれば、やはり必要な授業だと思った。先生は慎重に言葉を選びながら、野宿生活者とはどういう人たちのことなのか、を生徒たちに伝えた。新聞記事からの引用で、実際の野宿生活者が話した自身の身の上話を先生が朗読する。生徒たちは身じろぎもせず真剣に聞き入っていた。
この授業をしなければ、と先生方が思う背景には、各地で起こる中高生による野宿生活者襲撃事件があるようだ。世の中は子供たちにとってもストレスに満ちている。「誰かが」今日のような授業を生徒たちに行っていれば、そういう事件は起きなかったかもしれない。その「誰かが」を、「自分以外の誰か」と思ってしまえば、こんな悲しい事件はなくならないのかもしれない。
いのちの授業。ありがとうございました。
生徒たちに大事なことは伝わったと思う。ワタシにも伝わりましたから。
ラジオを聴きながらオークション出品作業を鋭意続ける。夕食後は落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
ランニングしていたら、みぞれが落ちてきた(^^;。
9533歩 5.71km 70分 541.9kcal 20.7g
290124.jpg

2009-01-24 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事