1日店


朝起きて快晴。寒い。
徐々に徐々に仕事が普段のペースとなってきた。正月も悪くないんだけど、普段と日常が変わってしまうため、やっていないんだから出来ていなくて当たり前な仕事のことにまでナーバスになっていたりする(^^;。強迫観念というのかしら。むしろ仕事を普段通りこなしている方が気持ちがゆったりするっちゅう、妙な精神状態に陥っている。いいのか悪いのか自分ではよくわからない。とにかく、ある一定のペースを保って仕事を続けていくのが今ワタシにとっての理想形になっている。
今日は店舗営業日。店に来るなりやおらオヤジがカタログを2部ワタシに差し出した。先日来気にしていたというCD再生用オーディオ機器のカタログだった。川崎まで映画を見に行ったあと、Bカメラのオーディオコーナーで思い切って店員さんに声をかけてあれこれ質問したらしい。ついでに実際の音を聴かせてもらったところ、この2機種が値段と相まって検討対象になったようだ。ひとつは今はやりのiPod端子を備えたスピーカー一体型再生機。もう一つはセパレート型のウッドコーンスピーカーが付属する再生機。値段はネットで調べるとそれほど変わらない。あとは音色の好みの問題か。
母親は、どっちもいい音であんまり差は感じられないから、あとは置き場所の問題かも、と話す。でも、気分的にはウッドコーンスピーカーが”音が柔らかかった”とお気に入りのようだった。
まあ、比べる対象が20年前の安物CDラジカセが再生する音だから、ハードルはもともとものすごく低いんだけどね(^^;。
オヤジは意外と値段信奉者的なところがあって、値段の高い製品の方が質が高い、と単純に考える傾向がある。ある意味当たっているとは思うけど、普通一般的用途で使うオーディオ機器の場合、ある一定の値段以上の製品を求めるにはそれなりの”耳”を持っていなければ、出した値段分だけの価値を実感できないおそれがある。安物CDラジカセを聴いていた耳にはまずおよそ3万円程度のモデルを基準に考えてみたらどうか、とアドバイスしておいた。本当は自分の好みとおサイフの具合で選ぶのがいいと思うのだけど、自分でこういう機器を買った経験がないオヤジとしてはワタシに一言聞いておきたかったようだった。
仕事を終えて大岡山までランニング。身を切るような寒さ(^^;。
9008歩 5.40km 59分 546.6kcal 24.0g
290115.jpg

2009-01-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事