1日店


朝から快晴。布団干し。
今年最初の平日。朝から気合を入れる。まずは正月のゴミ出し。これで正月気分とも決別。着替えて朝飯前の仕事。ネットで確認するとすでに多数のご送金あり。いつもお買い上げありがとうございます。気持ちを込めて荷造り作業。
朝飯を食べて荷造り作業続行。今日1日荷造りができれば幸せなのだけど・・・。
オヤジたちが正月の散歩がてら寄った店で買ったCDが、なんと「のだめカンタービレ」だった。自宅にある再生機械が20年位前のCDラジカセだから「音がイマイチなのよね(母親)」と不満があるらしい。それなら店で聴けば?とCDを持ってくるように勧めた。朝からオヤジが持参してきたので、早速PCに取り込んでスピーカーから流した。やはり比べ物にならないくらいキレイに聞こえるらしい。取り込み終わったのでPCからCDを取り出す。それでも音が止まらない様子を見て「CDから音が出ているんじゃないの?」と不思議顔。今や音楽はデータ化してCDも要らなくなってきているんだよ、と説明するものの、いまひとつ腑に落ちないようだった。たしかに、LPからCDには盤が小さくなって高密度になっただけ、と理解もできたが、デジタル化はネットの普及とともにCDの存在さえ否定しかねない状況まで飛んでいく感覚には繋がらないようだった。
CDを買う、という価値観はもしかしたらワタシたちの世代で終わりなのかもしれない。音楽も映像もDLがこれからのスタンダードになるのかも。
仕事をしながら「のだめ」を繰り返し聴く。たまたまベートーベンの7番やドボルザークの9番が入っていたので、カラヤンの演奏と聴き比べることができたけど、解釈が全く違うことに驚く。そりゃクラシックにお詳しい方ならアタリマエのことなのかもしれないが、同じ楽譜を使っていたとしても、テンポや音の強弱、メリハリなどを変えるだけでこうまで変わるものかと思う。どちらがいい、悪いの話ではなく、どちらが好きか、という基準を持つのがクラシック音楽とうまく付き合う方法のような気がする。
優雅な時間を過ごし、16時半からはラジオでGLを聴く。この落差(^^;イイイミデ)が気持ちいい。
7823歩 4.69km 57分 448.6kcal 18.2g
290105.jpg

2009-01-05 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事