千葉まで


朝から快晴。
正月も3日目。今日は女房の実家へのごあいさつに。
朝飯もそこそこにしたものの、予定より少し遅れて10時前に出発。急ごうということになり、羽田から湾岸線を走ることにした。途中、幕張で休憩を入れて軽食を補給。コーヒーを飲んで眠気を飛ばす。到着は12時前。まあ、早いほうじゃなかったかな。
新春のごあいさつもそこそこに、バーベキュー大会の準備に取り掛かる。自作の焼き台をセットする。炭がないことに気付き、娘と一緒に近所の100円ショップまでクルマで向かう。近いといってもクルマで10分ほどの距離がある。
だだっ広い駐車場を完備した複合ショッピングセンター。正月3日の昼過ぎではまだ人影もまばらだったが、全店営業中。まあ、利用しておいてこんなことを書くのもなんだけど、20年前にはこういう現実はなかったよなぁ・・・。
バーベキュー用の炭と書かれた箱を三つ買って315円。あまりに安かったので、着火剤というのも付けた。さっそく戻って炭に着火。なるほど着火剤。女房のお姉さんご夫婦・家族もいらして、バーベキュー大会開始。
もう子供たちも皆大きくなり、まだ児童の面影を残すのはウチの娘だけになってしまった。こうして毎年正月になると定点的に皆の成長の様子を見ることになり、子供たちは一度大きくなったら二度と小さくはならないことを思い知る(^^;アタリマエ。
確かに可愛かったあの時の彼らは、成長して今ワタシの前に居る。同一人物なのに時間をすっ飛ばしているため全く別人のようにも感じる。これは四次元的な体験と言えるのかもしれない。
あの時なにげなく撮った写真たちは、実はもう二度と撮ることのできない写真になっている。写真の価値は時間が経つにつれて自動的に上がっていく。
16時を過ぎて太陽が傾く。急に寒くなってきた。自家栽培で出来たという自慢の野菜たちを分けていただき、帰路につく。もう空は真っ暗。西の空低くオレンジ色に燃えていた。
アクアラインにも寄らず、川崎大師の混雑も回避して、平間にあるファミレスで夕食。停めた駐車場が二階建ての立体式。金網で下が透けて見えるため、女房と娘がこわいー、と早足(^^;。正月のわりにはすいていた。
店に戻ってからオークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。
4622歩 2.77km 46分 212.3kcal 5.4g
290103.jpg

2009-01-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事