ウォーリー


朝から雨。
前売り券を買っておいた映画「ウォーリー」を見に行くことになっていた。雨だから混むんじゃないかな、いやいや、雨で寒いから逆にすいてるんじゃない?
発送荷物の荷造りを終えてから3人で出かけた。娘も一緒なので吹替え版だ。
川崎駅改札周辺はいつものお祭りのように混雑していた。初めて入る駅直結の映画館。午後最初の回で席を取った。後方通路側で希望通り。なんだ、意外とすいてるみたいだね。開映時間まで2時間ほどあった。しばらくショッピング街をぶらぶらしてから駅にあるフードコートへ。カレーとビールの昼食。娘と女房はパンを食べていた。ここは安いのでつい使ってしまう。いつもいっぱいだねぇ。
時間が近づいたので映画館へ戻る。開場時間が近づいてロビーには人だかり。大きい会場なので場内整理にも時間がかかるのか、なかなかオープンしない(^^;。開映10分前になってやっと開場。どどぉーっと人の波。座席はなかなかゆったりしていて、川崎にある3映画館の中では一番広いかも。言ってもわずかな差だけどね。ほどなくして上映が始まった。
CGアニメだけど、画質や動きはこれがCGの映画であることを忘れさせるくらい高かった。前半はスピルバーグ風の演出が続き、後半は「2001年宇宙の旅」からの引用がそこかしこに見られた。アメリカ映画はいつも最後には話がデカくなるよね・・・(^^;。公開間もないのでストーリーはあえて書きません。つーか、あまり書くこともない。
見終わってからBカメラをしばし逍遥。今年から娘のクリスマスプレゼントはサンタさんに代わって女房が担当することになったから、選んでもらうことにした。・・・それにしても、欲しいものがないね・・・。娘は消去法でこれ、と選んでいるふうに見えた。無理して選ぶことないんだよ、と何度か言ったが、途中からあわてて「欲しい」と言葉を言い換えはじめた。
まあ、無理もない。普段はガラガラのおもちゃ売り場はクリスマスプレゼントを買い求める人でごった返していた。このムードに抗う力も見識も子供にはまだ備わっていなくて当然だ。
クリスマスプレゼント、という”枠”があるから何か欲しくなる。ただそれだけのことじゃないのかな? ホントは、欲しいと思うものがないなら取っておいて貯めて何か買うくらいの考えを持ってほしいんだけどな。
店に戻って荷造り作業。いつもお買い上げありがとうございます。
19805歩 11.87km 162分 1055.4kcal 40.9g
281214.jpg

2008-12-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事