出かけず


昨夜、娘が熱を出す。
今朝。息子は模試へ出かけた。娘は熱が下がっていた。風邪だったのかインフルエンザだったのか。インフルエンザならこんな軽くじゃ済まないだろうから、風邪でもなかったかもしれない。それでも、お出かけは中止となった。
朝からのんびりと過ごす。朝飯をゆっくり頂き、午前中は仕事をする。要発送荷物は積み上がっていた。いつもお買い上げありがとうございます。
ふと思い立ち、午後はDVD「千と千尋の神隠し」を見た。結構ひさしぶり。ストーリーや設定に絵コンテの段階で大胆な切り捨てがあったことが何となく伝わってくるのだけど、それはおそらく”大人”としてこの映画に接した場合の感想だろう。あれだけたくさん出てくるキャラクターをそれぞれに破たんなく生き生きと動かしていることに改めて驚いた。こまかい設定の詰めよりも、絵と世界観の広がりに驚く。半分布団の中で見ていた娘は何度も「宮崎監督のイマジネーションがすごい」と言った。絵本の世界を映画にしたと思えばこまかい事なんて言うだけ無駄な気がする。絵本の世界では成立する、トラがヤシの木のまわりをぐるぐる走っているうちにバターになってしまう、なんてことにマジなツッコミを入れることに似て(^^;。
15時ころに見終わり、散歩がてら隣駅のユまで靴下を買いに出る。少し傾いた太陽に巨大マンション群がオレンジ色に照らされていた。5年前までは想像だにしなかったマンハッタン的光景が眼前にあった。再開発はまだ始まったばかり。これから道路も含めた大改造が始まって今までの駅前は旧市街といった趣になってしまうのだろうねぇ。
何度も書くようだけど、このマンション群の地下には武蔵野貨物線が走っている。そして、すぐ隣で南武線と東横線が交差し、横須賀線と新幹線がありえないRを描いてこの敷地を避けるように急カーブしている。綱島街道は日吉台(旧連合艦隊司令部)へ向かって真っすぐに伸びており、その道の両側には大工場地帯が広がっている。これだけ大規模なインフラが戦前の段階で完成されていたことを考えたとき、この巨大マンション群が今立ちあがる意味もなんとなく見えてくるのよね・・・。
マンション街の中心にあったスーパーの2階。ケータイ屋さんで機種変更した。ワンセグ入り夏モデルが限定特価7000円(!)だったため。ウチに戻ってスイッチを入れると、電波がなかった(^^;。
3292歩 1.97km 30分 158.0kcal 3.8g
281207.jpg

2008-12-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事