休日


朝は5時に起きる。
別にどこへ行くわけでもない。近所の多摩川まで釣り。フライのセットを持って出た。昨日は台風一過の晴天。今日は朝からくもり空。時折太陽が顔を出す。
やはり流れは急だった。水位も少し高い。それでも水は濁っていなかったので、普通に釣りができそうだった。川岸に猫。ワタシが釣った魚をもらおうという算段らしい(^^;。釣れるかねぇ。
ところが、まだ魚が定位置に戻っておらず、いつものような位置を流してみるものの、まったく反応なし。というよりも、こちらの仕掛けが届く範囲に魚が居なかった。小さい魚の群れが居たが、これはボラだろうか。大きな魚の群れが岸際に固まっている。これは間違いなくボラだった。9時に納竿。釣果はゼロ(^^;。途中から釣りの人が増えてきて釣りにくいったら。多摩川は近くていいが釣りにくいのが難点。
戻ると、女房と娘はお彼岸のおはぎを作りに行っており、留守。息子は部活で留守。一人朝飯を食べながら、ゆうゆうとDVD「翔ぶが如く」の続きを3話分見続ける。原作である「翔ぶが如く」は明治から始まっており、幕末を描いている部分は別の小説から引かれている。坂本龍馬が大活躍すると思ったら「龍馬がゆく」も原作表示されていた。なるほど。どこかで聞いたようなセリフだと思ったら、原作から持ってきたセリフだったりする。なるほど。
女房たちが帰ってくる。昼飯は今作ってきたばかりのおはぎ。もう子供たちも大人と同じ分だけ食べる。すげえなぁ。まあおいしいって言う理由も大きいか。
午後は息子のお友達が大挙としてやってくることになっていて居場所がない(^^;。仕方なく雨のなか出かけることになった。あさがおにつるべとられてもらいみず。
別に行きたい場所もないので、近場川崎まで。ラゾーナをぶらぶらしてから東口のBまで。ワタシは買うものがなかったが、女房と娘にはあったらしい。中は女性と子供で混雑していた。殊にマンガのコーナーは人がすれ違えないくらいミッチリと人が居る。学生が中心だろう。集客力という面ではすごいと思うが、やはりマネはできない。なぜなら、この方法だと広い売り場面積が最低条件になるからだ。ここに居れば1日マンガを読んでいられる。そういう人には便利だろう。
店に戻って一仕事。夕食後は朝が早かったこともあって眠くて寝てしまう。
9269歩 5.55km 92分 406kcal 11.0g
280921.jpg

2008-09-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事