1日店


朝から快晴。台風一過。
荷造り作業もそれほど多くなく、朝からオークション出品作業の1日。
昨夜は台風でランニングに出られなかったこともあり、ひさしぶりにHPの更新作業ができた。別に仕事として考えて普段やってしまってもいいのかもしれないが、やはり趣味の域を脱していないと思うから(^^;。(アタリマエ)
撮影したままのフィルムはどんどん溜まっている。前は暗室を作って印画紙に焼き付けたものをスキャナーで読み取ってデジタル化していた。そんな暗室作業の魅力も捨てがたいのだが、PCでフィルムスキャンする時間も取れない現在の状況では、ちょっとそこまで写真に突っ込むことはできない。
デジタルカメラの絵は決して悪いとも思わないのだけど、それは液晶画面に表示するだけならそう思える、という程度。紙にプリントして見ると、銀塩とデジタルの写り方には結構な違いがでる。その弱点を生かした(?)製品が、今量販店で大々的に展示されているデジタルフォトスタンドだと思う。デジタル写真は紙に焼かずにデジタルのままで見てみよう、という方向はウマイ割り切りだと思う。銀塩は紙と相性がいい。デジタルは液晶画面と相性がいいのだ。無理はしない方がいい。
今度C社から発売されるデジカメG10には広角側28mmのズームレンズが搭載されるという。あの形は前から気になっていた。28mmレンズが入ればなぁ、と何度も思いながらデモ機から離れた。で、今回28mmが入り、希望が実現したことになる。で、実際には買うのか? どうだろう。そこまで物欲が続くだろうか。
今まで買わない理由を28mmが入っていないことのせいにしていた。いざ28mmを入れられても今は買おうか迷っている。やはり今のワタシには必要ないのかもしれない。
以前よりもずっとカメラのモデルチェンジが早くなった。それは電化製品全体に言えることで、昨日まで最新だったものが明日には旧製品となる。性能はアップして値段は下がる。なら、いつ買えばいいのか。
それはきっと、「今必要としているとき」ということになると思う。今必要じゃなければきっとあとでも必要になることはない。そんなものにおカネを使うなら、自分にとって他に「今必要としている」ものは何かをよく考えてみたい。
それは意外とおカネでは買えないものであったりするもの(^^;。
1525歩 0.91km 15分 68.8kcal 1.2g
280920.jpg

2008-09-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事