1日店


今日も朝から暑いが、一時ほどでもない。
月曜日なので朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。忙しい。次々と追加があり、作業は15時過ぎまでかかる。それからオークション出品作業へ移行したものの、はかどらなかった(^^;。
忙しいながらも途中で抜けて床屋へ行ってきた。二ヶ月半ぶり。夏だしさっぱりしたかった。
大河ドラマ「翔ぶが如く」のDVDを借りてきて見ている。原作は全巻読んだ。物語は明治時代に入ってから描かれていたが、ドラマでは幕末・黒船から書き出している。そのため、西郷隆盛と島津斉彬公との濃厚な関係が描かれていて、これは今期大河ドラマの「篤姫」では幾分端折って描かれていた部分の補完になっている。脚本は小山内美江子氏。原作にもない部分が描かれているためとても興味深い。江戸時代までの常識が全く通用しなくなる世界に立ち向かっていく斉彬公の姿勢が凛々しい。
西郷隆盛は斉彬公のそばで様々な仕事をこなし、斉彬公の世界観をも吸収したかに思えたが、あくまでも斉彬公ではないため、完璧に受け継ぐことは出来なかったようだ。人の世界観というものはやはりその人の存在そのものであり、途中まで真似はできてもあとは自ら作りあげなければ完成はできないということだろう。
斉彬公は尊王攘夷を唱えるのが当たり前だった中、世界の現実と向き合わなければ武力によって外国に滅ぼされる、ということを正確に把握し、着々と自ら指揮をとって対策を講じた賢人だった。もちろん、歴史に「もし」は成立しないが、斉彬公が明治初年までいらしたら、どんな日本になっていただろうか、とは思う。
10年前に常識だったことが全く通用しなくなっている。幕末・維新のドラマがワタシの中でハマるのは、今世の中が変革期に入っている、という実感があるからだろうか。
先日買ったマウスパッドは手首に優しいクッションが付いており、固い机に直接手首が当たらないようにしてくれる。サラリとした感触もなかなかで、腕も疲れなくなった。これは試す価値ありなのでは。
8359歩 5.01km 58分 489.3kcal 18.2g
280728.jpg

2008-07-28 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事