亀山湖


朝は2時起き。今日は亀山湖へ行くぞ(!)。
目覚ましなしで目が覚めた。我ながら不思議だ。身支度をして出発は3時。途中はずっとラジオを聴く。
船宿到着は4時半。くもり空。涼しい。水位は1m落ち。ちょうどいいのでは。受付を済ませて出船する。さあ、今日は何を投げるべか。
ベイトリールを持ってきたので、それにラバジを付ける。スピニングにスプーンを付けて”早い釣り”を考えた。ところが当たらない(^^;。島裏でスプーンにニゴイがヒット。外道です・・・。
スプーンへの反応がない。それなら、と作戦変更。ワームの釣りに切り替えた。最近お気に入りの2インチグラブを投げ始める。とたんにヒット!38cmの痩せ型バスが釣れた。そのまま島裏をなめるように攻め続ける。30分後にもう1本38cmがヒット。こちらは丸々としていた。
なんだ。釣れるじゃん。最近来る回数が少なくなり、しかも釣れない時期に来ていたためか、亀山湖がタフ化したと思い込んでいた。以前の釣りに戻したところ、再び面白い釣りができた。8時までにバス3本(その15分後に30cmをもう1本)はまずまずの出だし。11時過ぎに30cmを追加したので、もう今日は上がってしまってもいいかもしれないな・・・。空は晴れている。直射日光。暑い。しばらく日陰で横になる。
昼寝をはさんで釣り再開。島裏で続行。24cmものデカいギルが釣れたり、20cmの小バスがかかったり。今日は2インチグラブのアタリ日だなぁ。ただ、ギルに尻尾だけ噛まれてちぎられてしまい、2インチのイモグラブが大量発生(^^;。もったいないなぁ。これを投げても釣れるのはギルばかり。
気分を変えて笹川出合。相川自動車下と呼ばれるポイント。小バス、ギルが何度もかかってくるのが煩わしくなり、カットテール4インチを水没木のそばに何気なく投げたところ、アタリがあった。最初根がかりと思うほど動かない。グイっと引っ張ったらグ・グ・グと少しゆっくりとバスが動きだした(!)。デカイぞっ。グィーっと竿が絞り込まれる。今までにないほどのしなり方だった。ボートの下側に泳いで行こうとするので、それに合わせてこちらも動く。ドラグを少し緩めたり忙しい。しばらくして魚体が水面まで上がってきた。ん、これは40アップ確実だ。ようやく口が上がってきたので、慎重に開いた口を掴みあげた。さっそく測ってみる。なんと42cmあった(!)。ワタシの新記録だった。
大満足。ちぎられた2インチのイモグラブでその後も小バスとギルを釣り上げ続けつつ、4時過ぎに下船した。左手の親指がバスの口で擦れてザラザラに痛み、手が日焼けで真っ赤になっていた(^^;。
帰り道は広域農道を走りぬける。少しずつ道路が拡幅されたり新設されて走りやすくなっている。広がる田園風景は前回5月は田植え直後だったが、今は青々としている。もうすぐ花が咲くのだろうか。
アクアライン。久し振りにうみほたるに入った。最上階の展望を見てから階段を降りて海際まで。かつてなかった風景なんだよなぁ。大正期に完成した第一から第三海堡以来の人工島。
売店でクジラの大和煮缶詰といつもお土産にするイカの塩辛を買ってクルマに乗った。
3306歩 1.98km 32分 154.8kcal 3.7g
280721.jpg

2008-07-21 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事