今日も1日店


朝から快晴。寒い。
先日来ずっと喉が痛い。徐々に良くなっていくどころか、一向におさまらないので、これは病院へ行くべきだろうか、と思い始めている。抗生物質がどうのと言っていられない。
朝飯を食べながら「金八先生」。謝り方と許し方。当事者同士だけでは済まない問題ってあるものだ。だからこそ話は大きくなるのだが。
朝から荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。一段落して店に降ろすと、昨日組合の支部会へ行ってきたオヤジから、「話がある」と。なんでもワタシが組合の理事をしていたころの状況を「たっぷり聞いてきた」のだとか。どんな話を聞いてきたんでしょうねぇ・・・(^^;。ずいぶんと心に響いたことがあったようで、オヤジから感状のようなものをいただきましたよ。もともと身内を誉めるのがヘタクソな人なので、オヤジにしてみればずいぶん無理した行動だったはず。まあ、どんな言葉であれ認めてくれたことはうれしかったけど。
昼飯を食べながらチェ・ゲバラについてのTV。キューバ革命に関連して名前だけはものすごく有名だけど、実際にどんなことをした人なのかは詳しく知らなかった。アルゼンチンの中産階級の比較的裕福な家庭に育ち、大学に通って医者を志す。そのあと南米をバイクでめぐる旅に出て、貧困という現実に直面する。メキシコでキューバ人カストロと出会い、キューバでの革命運動に参加。軍事政権を倒して革命政権を打ち立てる。キューバ国立銀行総裁、工業大臣を歴任し、世界各国を視察。日本にも12日間滞在している。どこへ行くにも愛用のニコンを手放さず、自らシャッターを切っていた。たっての希望で広島の平和公園を訪れ、「アメリカにこんな目に遭わされておきながら、あなたたちはなおアメリカの言いなりになるのか」と案内人に語ったのだとか(『Wikipedia』より)。
続きはまた明日。
午後からはオークション出品作業を続ける。お茶の時間、昨日いただいてきたというナボナとバレンタインのチョコレートを食べる。
女房は19時からPTAの仕事があるので、少し早目の夕食。オークション落札品のメール書きを終えてから、いつもならランニングへ行くところだけど、喉の痛みを思い、今日は中止する。明日医者に行きます。
代わりにホライズンで撮影したネガをスキャンしたりして。なかなか作品が溜まってきません(^^;
1427歩 0.85km 15分 61.9kcal 1.1g
280214.jpg

2008-02-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事