二往復


快晴。
せっかく晴れてるのになぁ・・・という気分。朝飯を食べながら月9の続き。なんと渋谷ロケだ。真昼間のスクランブル交差点が写る(^^;。すげえ。どうやって撮影したんだろう。東横線改札口のシーンは夜だったから、これは終電の後に撮影したことは容易に想像できるが・・・。
未だストーリーに入り込めない月9の展開。おそらく応援したくなるようなキャラクターが一人も出てきていないからではないか、と思う。言い方を変えるなら、登場人物の人物像が未だ漠としてつかめない、とでも云えるだろうか。たぶん意図的にそう演出しているはずだけど、それが必ずしもストーリーの強さにはつながっていない気がする。
現時点で発送できるすべての荷造りを終えてから明古へ向かう。車中では今日も「翔ぶが如く」の続き。台湾での事件は収束に向かい、国内的には大久保利通の専制体制が整えられつつある。というよりも、大久保利通以上の実力者は当時太政官内には居なかった。ここに至り、権力者側の代表が大久保利通で、在野の対抗勢力の代表が西郷隆盛という世論がおおよそ出来上がってくる。反権力を掲げる者たちは西郷隆盛のもとへ集まるという流れがいよいよ生まれようとしていた。
この物語の終着点は何処だろう。西南戦争で西郷隆盛が闘死するところまでか。それとも大久保利通が暗殺されるところまでだろうか・・・。
いろいろな立場の人たちが登場し、それぞれの立場から国家を考え、行動する姿がこと細かく描写されており、実際の身の振り方など参考になるところも多く、非常に興味深く読み進めている。
入札を終えて昼飯。一度店に戻ってからクルマで神保町を目指す。三連休前なので混雑すると思っていたがガラガラだった。助かった。昨日と今日の分を回収して帰路。ラジオはグルーヴ・ライン。焼肉かぁ・・・(^^;。
夕食後も仕事です。明日はまた雪が降るとか。
6950歩 4.16km 63分 342.3kcal 8.7g
280208.jpg

2008-02-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事