1日店


店舗は臨時休業。
朝飯を食べながら「バブルへGO!」を見る。女房が見たいと言ったため。主題ではないとはいえ、タイムマシンに関する細かい設定や、未来の自分と過去の自分が出会うタイムパラドックスに関して「やっぱり矛盾があるよね」と女房。まあ、タイムマシンってのはそもそもありえないモノの代表だから、この物語は完全フィクションですって宣言してる記号程度の要素なわけで、そこを突っ込んでもしょうがないんだよね・・・。
荷造り作業を鋭意。いつもお買い上げありがとうございます。学校から帰るなり娘は学習教材の付録作りに没頭。息子が学校から帰ってくるとお友達がたくさん。いつもウチは賑やかだなぁ・・・。
夕食を食べ終わった後、しばらくゆっくりしているときに、娘と女房と3人でヤッターマンのことでしばし盛り上がる。ネットのトピックにもなるような”事件”も起きているようだし、映画版も製作中とか。まあ映画はドロンジョ様役の深田恭子さんがどんなカッコで出てくるのか、に皆さんの興味が集中しているようだけど・・・(^^;。
夕食後もラジオを聴きながら仕事続行。今日はちょっとがんばりました。
で、そのラジオのテーマが「アナログ」だった。デジタルかアナログか、という話はワタシも最近気になっていること。興味深く聞いた。コメンテーターはデジタルミュージシャン。曰く、昨今の楽曲制作過程はほとんどがデジタル化されているらしい。にもかかわらず、完成した楽曲はよりアナログ演奏しているっぽく聞こえるように工夫されている、のだそうだ。つまり、以前はデジタルであることに価値があったものが、いまやデジタルが普及し、むしろ非デジタルである方が価値が高い、ということになってきているらしい。今後はほとんどがデジタル化されていくものの、その目指すべき方向は、”限りなくアナログに近いデジタル”が究極なのだという。まあ、妥当な結論ですね・・・。
ラジオでは語られなかったが、ワタシの結論は以前ここにも書いた。人間がアナログの総本山である以上、アナログの優位は絶対に揺るがない、と。
もし、人間の脳が”電脳化”されて記憶が取り換え可能となり、全身が”義体”に置き換えられるようになれば、もちろん話は別なのだけど、ネ。
その姿がまだ”人間”と定義付けされていればいいけど・・・。
1265歩 0.75km 13分 62.0kcal 1.4g
280116.jpg

2008-01-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事