大市会へ


朝から雨。
今日は神奈川大市会。車中久し振りに「竜馬がゆく」の続き。最近交換会で出ることが無くなったからなぁ・・・(^^;。久し振りでもちゃんと頭の中で話が続いて行くから不思議なもの。土佐に帰る道すがら三条家宛の密書を携えて同行する播磨介が捕えられ、それをきっかけにいよいよ竜馬が歴史の表舞台に立つ決心をする、というあたり。
竜馬は幼少のころ近所では愚鈍な子として有名で、寺子屋の先生から愛想をつかされ、親からも心配されるような子だったと、司馬遼太郎は書く。幼少期に馬鹿だ馬鹿だと言われ続けた竜馬には長く自分は馬鹿だという劣等感があった。それがようやく晴れてくるのは、江戸で北辰一刀流の免許皆伝を受け、剣の道をひとつ極めてからだった。
馬鹿という言葉には確かに毒がある。言われればいい気にはなるまい。親や先生から馬鹿と言われ続けても竜馬はめげなかった。それこそすでに天賦の才を持っていたと言えるのだが、親であっても自分の子供である竜馬の才能を見抜けないものなのだ。
何かをきっかけとしてその人が開く瞬間というものがあるようだ。そのきっかけが小さい頃に来る人もいれば、竜馬のように24歳で訪れる人も居よう。もしかしたら一生来ない人もいるかもしれない。ただ、何か一つ決めてそれに打ち込んで自分を磨けば、訪れるチャンスはグンと多くなるのではあるまいか。もちろん遊びではなく真剣に。そうしているうちにある日突然何かが降りてくる。そういう瞬間がきっと来るハズ。
何もしない、何も考えない。指示されたことのみコナシていればいいや、では、そういう瞬間は来ないよね・・・(がんばろっと)。
入札を終えて、ちょうど帰りが一緒になったある方とファミレスでお茶。店に戻って仕事開始。今日は荷造りは少なかった。雨なので何となく仕事もはかどらず、先週よりもずっと少ない量しか出品できなかった。明日頑張ります、って、明日は大市の荷物を取りにいかなきゃね・・・。
夕食後、オークション落札品のメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。大量で書き終えるまで2時間を要す。それから我慢できずに雪谷ランニングに出る。
8609歩 5.16km 72分 486.8kcal 14.3g
271008.jpg

2007-10-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事