今日も1日店で仕事


朝から曇り空。霧とラジオは言う。
お陰さまで毎日忙しい。日曜日も結局は半休のようなもので、ウチに居れば働いてしまう。でもそれはお給料に反映されることはない。今風に言えばサービス残業ということになろうか。それでも、ワタシの場合は特に不満はない。自分にやれる仕事があることがうれしい。仕事をしていればおカネを使わなくて済むのも考え方次第だがありがたい。通勤もなく、こうして朝から晩まで机に向っての仕事だから、たまに変化が欲しいと思わなくもないが、それなら交換会へ出かけて好きな本を落札してくればいい。帰りに好物でも昼飯に食べられたら十分だ。
なかなか本を読む時間が取れないのがちょっとした不満といえば不満。読書という行為は結構環境を選ぶ。高原のカフェでお茶を片手に、なんてゼータクは言わないが、実は電車に乗って吊革につかまりながら読むと一番集中できたりする(^^;。それは結局、そんな移動の合間を使ってずっと本を読んできたせいだろう。ある意味ワタシらしいとも思う。
クルマで移動中は本を読めないからラジオ。よくお風呂で読む人も多いと聞くが、ワタシは2度3度読む人なのでそれもNG。そもそも温泉にでも行かない限り湯舟につかることがない。
ちょっと仕事時間をシフトいっぱいに詰め込みすぎているきらいがある。でも、それはたぶんオヤジが30年前に通ってきた道だと思っている。仕事と家庭を分けた方がいい、という考え方もあるだろうが、少なくとも自営業には当てはまらない言葉だと思う。
ああ、まとまった時間本を読みたいな。今度山手線を1日グルグル回りながらマラソン読書でもしようかしら(^^;。
夕食後、オークション落札品のメール書きを終えてから雪谷往復。コンビニから出てきたカッコイイお姉さん。颯爽と歩きながら買ったばかりのおにぎりを頬張るの図(^^;。帰ってから食べようよー。
こげ茶色した西の空に浮かぶグレーの半月。湿気を帯びたトロリとした夜。
7750歩 5.03km 70分 423.1kcal 12.4g
270626.jpg

2007-06-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事