往復


今日も快晴。けっこう寒い。
発送荷物を一渡り荷造り終えてお昼前。今日は交換会へ行くことにした。車中読む本は今日もYMO。実は昨日一度読み終えて二度目になる。一読しての感想だが、3人にとってのYMOはそれぞれ求めるものが違っていて、その時その時にメンバーが感じていた音楽的なことを実験していく場だったようだ。当初は細野さんがプロデューサーとしてYMOの方向性をあれこれ試していたようだったが、たとえばご本人いわく「ビハインド・ザ・マスクを名曲と思わなかった」自分はプロデューサー失格とまで言っている。
インタビュアーの人がうまく話を引き出してくれているのだけど、ビートルズにポールとジョンが居たように、YMOには教授と細野さんが居た、という言葉は印象に残った。つまり、確固たる音楽の方向性を教授と細野さんは持っていて、お互いの持つYMO像が次第に噛み合わなくなってくる。なんとかユキヒロさんがまとめに入る、後期はそんな構造だったようだ。
初期のYMOが意識していたキーワードは「東京」だったり「東洋」ということになる。同じ電子楽器を使うクラフトワークは「ヨーロッパ」を背負っていて、参考にしようとしてもただのマネになってしまい、音楽的な面白さは出せない。ならばむしろ自分たちのアイデンティティーとして「東京」を出すべきだ、ということ。東京サウンドといえば歌謡曲。テクノポリスで「TOKIO」と宣言したり、ライディーンはもともと「雷電」で、浮世絵や時代劇を表現している。YMOは東京を背負っていた。
こういうコンセプト的な話は当時まったく知らなかった。興味深い話だ。
交換会。入札だけして店に戻る。再び荷造り作業を続けて16時まで。その後はオークション出品作業。
4667歩 3.03km 43分 264.1kcal 6.8g
270319.jpg

2007-03-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事