1日店


朝から雨。
ひさしぶりの雨、とラジオではちょっと好意的に言っているが、別に冬なんだから雨は降らなくていい。カッサカサになろうが冬の良さは晴れていることに集約されているのだから。
朝飯を食べながら年末に録画しておいた「たそがれ清兵衛」を見始める。ワタシは1度DVDで見た事があるが、女房は初めてだったようだ。ここでも、たとえ経済的に貧しくとも心豊かに日々を暮らす人たちの姿、が丹念に描かれる。地位のある人、おカネを持つ人たちから押し付けられる無理難題を粛々と受け、サラリと(とまで簡単ではないが)こなして誇らない。その生き方を見ていてとても美しく感じる。男とはかくあるべきなのであろう。
新聞を読むと、ある洋菓子メーカーの記事が載らない日はない。まるで毎日報道して欲しいかのごとく、不祥事を小出しに発表しているようだ(^^;。先日銀座を歩いた時も店のシャッターは閉まっていた。実際に問題があったのは洋菓子部門だけのようだが、スーパーなどの小売店に並ぶ菓子や飲料までこの会社製品とあればすべて撤去されているという。
どうも最近食品に関して情報によって”集中”する動きが目に付く。今回のようなマイナスな件以外でも、ダイエットに効くとTVが言えば寒天やココア、納豆がこれまた店頭から姿を消す。
言っていることが信用できないから、と言われればそれまでだけど、問題があったのは洋菓子だけという話だ。それなのにすべてひっくるめてダメとされる。ノロウィルスはカキなどの二枚貝で繁殖、と報道されればカキが売れなくなるなんてこともあった。よく聞けば実際にカキから感染した例は1件や2件しかなかったらしい。
そういえば昨年の大掃除の時期、TVが流した情報で「便器に熱湯をかけると汚れが落ちやすくなる」というものがあった。実際にかけたら便器が割れる被害が出たそうだ。
なんだか恐ろしい気がする。世の中がTVや報道を簡単に鵜呑みしてしまうことが。
今日はお茶の時間にカントリーマアムのバニラ味を食べたが別になんともなかった。食べられなくなることが残念でならない。
娘が「いちご大福つくりたーい」と言い出したことで、今日の夕食は自家製の餅だった。すりこぎでもち米を突いて餅にし、買ってきた餡子といちごを包んで出来上がり。水っ気がちょっと多くてタラーンとしてしまったが、さすが出来たてのお餅はなんと言ってもウマイのだった。
「もち米ってね、水につけておくとピチピチッて水を吸って音がするんだよ」と女房。へぇー、知らなかった。餅粉がないのでお皿にくっつきがち(^^;。それでも味はかなりおいしい。4人ですべて平らげた。
「今日はもち米4合炊いたんだけどなくなっちゃったね」と女房。そりゃ好評だったってことですよ(^^)。
449歩 0.4km 4分 23.9kcal 0.0g
270117.jpg

2007-01-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事