往復


曇り空。
朝飯を食べながらのだめを見る。RSオケのコンサート。さすが音楽ドラマ。聴かせてくれます。当初原作がコミックなのでコミック的な演出がかなり目についたが、それにも次第に慣れ、シリアスな場面とのメリハリもきいているのでむしろ楽しい。及川ミッチーのオーバーアクション付せりふはなんとなく毎回楽しみにしている(^^;。「これはこの人しかできないよねー」と女房。そだね(^^)。
最近のドラマ視聴率を見ていると、ラブストーリー系は数字が取れていないことに気が付く。もう見ている方もそういう気分じゃないもかもしれない。ていうか、恋愛ドラマって単純なストーリーじゃつまらないし、複雑にしすぎても感情移入できないんだろうなぁ・・・。一応自分を主人公に投影したくなるはずだけど、投影できるような人物がTVに出てこない(^^;。真面目が冷遇されている今、二枚目なドラマをやるには現代劇じゃ難しいと思う。
午前中一杯荷造り作業をしてから明古へ。出掛けに「この状況を良く考えてから行ってよね」とオヤジに言われる。これは事実上「今日は買うな」と言っているに等しい(^^;。確かにこのままのペースだと通路が開くのはと年明けになってしまう。今日は自重ぎみに行こう。そう思わざるを得なかった。
古書会館。先週分の清算を済ませてから軽く入札。買わないつもりで札を書いた(どんな札だ?)。小川町交差点そばにある銀行で通帳を繰越してから昼飯。今日もうどんを食べる。讃岐うどんと書いてあったが、普段食べている讃岐うどんとは食感が全然違っていた。どっちかがウソをついていることになるが、まあうまかったからいいや。
聖橋方向へ歩き出す。銀杏並木は見事に黄葉してハラハラと葉を散らしている。いよいよ冬がやってくるんだな。山の上シケインを抜けて神保町。友愛書房さんへ時候のご挨拶。
神保町交差点から九段まで歩く。たまに歩くと随分様子が変っている。でかいビルが建っていたり、あったはずの建物が駐車場になっていたり。
店に戻り、お茶をいただく。それから荷造り作業を一通りして郵便局へ走る。17時前で外は真っ暗だった。オークション出品作業を開始し、今日予定分の本を写真に撮って積み上げた。途中夕食を挟んで深夜までひたすら出品作業を続けた。
今月はとにかくがんばっておかないと・・・。
9540歩 8.57km 85分 540kcal 14.4g
261208.jpg

2006-12-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事