足りない・・・


晴れ。
朝飯を食べながら「振り返れば奴がいる」の続き。1回分見終わってから仕事開始。昨日オヤジたちが休みだったので、受注品で見つからないものが出ていた。主に文学書関係。オヤジの担当分野だ・・・。
オヤジは本屋だが、本屋に勤めた経験がなく、どこにどの本を並べたらいいか、という点に余り意識が向かないようだ。大雑把、というか、どこか1点抜けているというか。全て自己流でここまで来れたのは、やはりお客様によることが大きいのではないだろうか・・・(^^;。我慢強くお付き合いいただいたおかげです。
オヤジにはワタシが神保町の古書店に4年間勤めたり、その後明古の経営員を8年間やった経験をちょっと過剰に評価しているきらいがある。都合12年間も外の経験を積んできたんだから「できてアタリマエ」という言い方をたまにされる。その評価は一面で当たっているのかもしれないが、どちらも古本屋になるためのマストな要素ではない。現にオヤジ自身は他店に勤めた経験を持っていない。
この世界、あまりキッチリキッチリとしておらず、”アソビ”がそこかしこにあってもよかったのが今までだった気がする。いい時代だった、と言うべきか。ネット時代になり、なんとなく外界と隔てられていた古本世界の垣根が取っ払われてしまった。ネットは世界をフラットにする、というのはこういうところには適用される。たった10年で何もかも変ってしまった。新規参入業者との競争。体力が要る。
「自分の専門を持て」とは昔からミミタコで言われる言葉だが、ワタシの専門分野は何だろう・・・(^^;。好きな分野はあるのだけど、高くて品物が集まらないからねぇ。たぶん専門店にはなれないと思う。だから目録も作れない。ならどうするのか、がこれからの課題。
昼飯まで荷造り作業。午後はみっちりとオークション出品作業。満足のいく点数を出せた。夕食は昨日ヨーカドーで買ってきた讃岐うどん。女房が釜たまにしてくれた。なぜか「うどんきらい」という娘を除いて3人でうまいうまいと食べた。
オークション落札品のメール書きが終わって万歩計を見ると、なんと567歩(!)。これはヤバ過ぎる。あわてて防寒着を着こんで外に出た。近所をグルグルと歩く。外はキーンと寒かったが、20分を過ぎた頃から脂肪が燃え始めたか、全身が温かくなってきた。空にはオリオン。40分歩いて帰ってくる。
5743歩。まだ足りないね・・・。
261206.jpg

2006-12-06 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事