月末


10月も終わる。
実は昨年の10月は売り上げが良くなかった。ワタシが組合の仕事にかなりの時間を割いていたからだが、今年はそういうことも無かったので一昨年と同じレベルの売り上げにまで回復した。ただ、売り上げの内訳はこの2年で大きく変化していた。
端的に言えば店売りが激減し、ネットや通信での売り上げが全体の○割を占めている。本はネットで買うものになった、と考えるのが正解だろう。そう考えて仕事をシフトして行かなければならない時代になった。もちろん、方法として店売りがまだ十分やっていける場所もあるだろうし、即売展も各地で開催中だ。直売りの方法を否定するつもりは全く無い。ネットと通信への全面移行はあくまでもウチの場合です。
今月の中旬に良書市会があり、仕入れた量がまたものすごくて(^^;店の通路が塞がってしまった。オヤジの買った本が半分以上だったことも災いして本の減り方が今回はかなりゆっくりになってしまっている。山岳書の一口だったのだが、オヤジがまだオヤジ流の売り方を守ろうとしてしまうためだ。
店に並べておいても何も起こらない。でも、置く場所をネット上に変えてみればまだ可能性はある。・・・これが今から5、6年前のワタシの認識かしら。
今は同じネットでもいろいろあって、出す場所によっては店に置いておくこととたいして違いがない状況に変化している。毎日更新しているホームページは直接の売り上げにはほとんど結びつかなかった。そしてさらにぶっちゃけて言えば「日本の古本屋」だけでは売り上げがぜんぜん足りないのだった。
もうHPの更新はワタシのライフワークになっているから負担感はほとんど無いけど、古本屋さんでブログをやっていらっしゃる方も”仕事”と思ったら続けられないのではないかしら・・・(^^;。なあんて大きなお世話ですネ・・・。
朝飯を食べながらのだめを見る。話は一気に千秋の指揮のことばっかりになっていて、第一回でたくさん出てきたサブキャラのみなさんが全然出てこない(^^;。ピアノ科の教授(西村雅彦さん)はどうしたー?朗らかな毛の多いキャラで新境地!と思って見ているんですけど・・・。
午後、部活から帰ってきた息子と一緒にお友達。あれよあれよのうちに息子を入れて8人(!)がなにやらゲームをして遊んでいる模様。女房がニガ笑いしながら「すごいね・・・」と言いつつオヤツを持っていってた。
外で遊んで来いよー・・・。って遊ぶ場所もないのか。
261031.jpg

2006-10-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事