渋谷を散歩


晴れ。
昨日のうちから娘に「あしたはべつこうどうね」と言われていた(^^;。娘はどうしても渋谷の児童会館にあるインラインスケートをやりたいというのだ。息子は散歩程度ならもうほとんど親と一緒に出かけないつもりのようだし、意外に早く子供の親離れが始まりそうだ。
ただ、娘に女房まで取られてしまう(^^;。まあ仕方ないか。女房たちが先に出かけ、ワタシは荷造り仕事を一渡り済ませてから一人出かけた。どこへ行こうか、と考えて思い浮かんだのはやっぱり渋谷。ゆっくり散歩してみる気になった。
渋谷駅を降りてハチ公口。うーむ、改めて見るとこの場所は絵的にスゴイね。名物の交差点際にあるスタバは改装工事中。そのまま本店通りを歩く。109ではイベント開催中。塔には星泉。
センター街を歩くと昼過ぎなのでかなりの人が歩いている。別段なにをする様子もなく、ただ歩いている感じ。ポテト看板を右に折れてスペイン坂。階段を上がりきるとFM局のスタジオがある。木更津キャッツアイの宣伝が壁面に。ぶっさんにアニキ、マスターとウッチー。バンビはちょっと様子が変わってカッコよくなったかしら。
カメラは久しぶりのプラウベルマキナ67。思えばこのカメラは街にピタリだ。3本撮ってフィルムが切れたのでDA21mm付きのDSを取り出す。センター街を突っ切って神山や松涛の方まで。渋谷の雑踏はいきなり途切れて住宅街と化す。Bunkamuraの裏をぐるっと回る。そのまま円山町のど真ん中を歩いて道玄坂上。途中にクラブとか出来てこの街も変わりつつあるようだ。
変わったといえば、いたるところで工事中だ。本店通りの109のすぐ横にあった比較的大きなビルは取り壊されて駐車場になっていた。しばらくはこのままらしい。取り壊されていたり取り壊される予定のビルが結構目に付く。渋谷でも比較的人の流れない道があり、そこでは何を商売してもうまくいかないのかもしれない。規模の小さな物販店には例外なくお客の姿はない(^^;。間口の小さい店舗物件には大抵シャッターが下りている。ネット時代、という言葉が浮かんだ。
道玄坂を降りて再び109前。イベントはどうやら何かのミスコンらしい。女の子が舞台の上でインタビューを受けていた。
腹減った。駒形どぜうで鍋定食1600円を食べる。浅草の店の支店だ。どぜう鍋にご飯とどぜう汁が付いている。汁はとろっとしてなかなか独特な味。ネギを山盛りのせてあっさり味のどぜうを味わった。
さっき撮影したブローニーをBカメラに出してトライXを買う。その上、前々から考えていたフラットベットスキャナーを購入した。ブローニーをスキャンするためだ。思ったよりも大荷物なので帰ることにした。
店に戻って早速スキャナーを開梱。ソフトをインストしてから繋げると軽快に動き出した。早速過去にローライやマキナ67で撮影したネガをスキャンしてプリントする。しばし懐かしい気分にひたった。
息子はずっとPC。女房たちが帰って来たのは17時ごろだった。
261015.jpg

2006-10-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事