1日店


曇り空。時折晴れ間。
今日は1日店で仕事の予定。そりゃもうどこへも出る予定はない。
朝から続けざまにご送金を頂き、すでに要発送荷物は積み上がっていた。いつもお買い上げありがとうございます。
この発送作業と、本の入力作業を誰かにやってもらえたら、と思わないでもないが、結局は任せられない。お任せした人がワタシ以上に効率よくこの仕事をしてくれる姿がイメージできないからだ。こんなこと言ってるから仕事がいつまで経っても片付かない(^^;。本来なら仕事を組織化してワタシは仕入れに飛び回っている、というのが理想的なのだ。それが出来ない。なぜなんだろう・・・。
「家族が食べられるだけの売り上げがあればいいのよ」と母親は言う。店で働く人が増えて一番仕事が増えるのは会計担当の母親だ。ワタシもオヤジも会計の細かいことから逃れているのでこうして毎週気楽に交換会へ出かけられる。
商売の上で一番大事なのは売り上げに間違いないが、それも経費いかんによってなんとも言えなくなる。100万円売るのに100万円の経費では先行き不安になるし、200万円売っても300万円かけたら売り上げは100万円の倍でも完全な赤字だ。それなら50万円の売り上げだけど経費は10万ってほうがきっと楽。まあこういうケースはなかなかないとは思うけど(^^;。
オーバーに書いたがオヤジと母親が心配しているのはきっとこの問題だと思う。人を雇えば当然経費が上がる。自然にその分だけ必要な売り上げ目標も上がるのだ。その期待に応えるだけの仕事をウチと関係のない他人様がウチのためにがんばってくれるとは思えない。・・・と話は最初に戻ってしまう。いつも同じ場所をグルグルと回るだけ。オヤジのことをあれこれ言える立場じゃないね(^^;。
ああ、天気が曇ると気分も曇る(^^;。従業員を雇えないのは、きっと自分の能力に自信を持っていないからだ、と思う。
オヤジたちは1ヶ月ぶりのお出かけ。ETCによる追跡を見るとなんと日帰りなのに小諸まで出かけたらしい(!)。すげえなぁ。ドライブも長すぎると同乗者はたまったもんじゃないだろうに、母親もよくお付き合いしてますね・・・。
仕事、思ったほど伸びず。
261003.jpg

2006-10-03 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事