10月だった・・・!


そうか、もう10月だった(^^;。
月が変わったという自覚はあったが、10月だと思うとちょっと気分が違う。この間の大市では思ったほど買えなかったので、あと3ヶ月がんばらなきゃな、と思う。
大市一発で流れを変えられるほど器用じゃないので、ここは一つコツコツと行こう。今日から再開される通常市会へ出かけることにした。・・・実は大市ってあんまり好きじゃないのだ・・・(^^;。理由はもちろん買えないから。
10月は古書関係の行事が次から次へと。早稲田では恒例の青空古本市がすでに開催中。4日は古書の日。それにちなんだ古本屋になるには-1日講座も東京古書会館で開催される。神保町の本屋さんが中心になっているアンダーグラウンドブックカフェが15日から。そして、27日からは神田古本まつりが始まる。現在UBCと古本まつりのフリーペーパーをお買い上げいただいた荷物に同封・配布中です。無くなり次第終了なのでご了承ください(^^;(実はもうほとんど無い)。
ウチも負けじと紙目録など発行してみることに。明日から受注開始のスケジュールだが、さて如何相成乎。
行きかえりの電車の中で昨夜見た「タクシードライバー」を思い出しながら例の映画本を読みふける。この本だけ読むとトラヴィス(デ・ニーロ)は誰とも喋らない人間のようなニュアンスにも思えるが、劇中の彼は結構饒舌だ。ベッツィ(シビル・シェパード)を誘うためにいろいろと喋るし、娼婦のアイリス(ジョディ・フォスター)にくどくどと説教する。
やはり映画は本を読んだだけでは理解できない。ちゃんと映画を見てやらないとね・・・。今度は何を見ようかしら。なんだか久しぶりに外国映画を見たい気分だ。もちろんなんでもいいってわけじゃないけどね。
入札を済ませて昼飯を食べに錦華通りの讃岐うどん。天気が悪いのですいていた。かけにちくわ天で525円。女性同士、もしくは女性一人でも気軽に入ってくる。おいしいもんねぇ(^^)。
店に戻って荷造り作業の続き。それからオークション出品作業。ノンジャンルでお買い得品をどんどん出品していこう、とオヤジとも話し合った。今日出品のような文学書もこれからどんどん出していきます。
夕食時に皆でルパンを見る。子供たちにも面白いんだね・・・。五右衛門が仲間に入る回からいきなり話の雰囲気がガラリと変わった。
261002.jpg

2006-10-02 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事