往復


朝から快晴。
空には絹雲が棚引く。湿度の低いスカッとした空だ。空気は秋になっていた。
学校は二学期制となっており、夏休みは従来よりも短縮された。息子はもう何日も前から学校に行っている。今週末には体育祭があるという。娘も今日から学校へ出かけた。久しぶりに女房と二人でゆっくり朝飯を食べる。
親子の濃密な時間、というのが、ワタシにとってはウットーシー時がある。ただでさえ仕事場がウチなので、夏休みとなると始終顔を付き合わせることになるからだろう(^^;。息子にとってもそろそろ親から距離を取りたくなる時期ではなかろうか。ウチに居る時は大抵機嫌悪そうにしているのが証拠だ。
ただねぇ、残念なことにウチが狭いもんでね(^^;。そんなわけでワタシは意識して仕事場に篭って仕事に打ち込むことになる。
発送荷物を作っているうちに昼飯の時間。食べ終わってモタモタしていたら交換会に出品しに行かなければならない時間が近づいていた。出かけることにする。
いつもどおり中原街道から国道一号。麻布十番、溜池を通過して国会前。今日はこのあたりがかなり混んでいた。内堀通りを通って気象庁前を右に入り、駿河台下に至る。おおよそ45分で到着した。混んでいたのは一部だけだった。
カーゴに降ろして控え室に入れる。丁度落札品を引き取りにきていたMさんにお手伝いいただいたりして。ありがとうございます。月曜日の荷物を引き取って載せる。カーゴ半分強。帰路に着く。帰りはすいていた。途中、いつものようにセルフの給油をして中原街道をすいーっと走った。丸子橋前の坂を下りる。前方には夕焼け。左手には白い月が浮かんでいた。
店に戻るとオヤジがデジカメで撮った写真を近所のカメラ屋でプリントしてもらってきていた。見ると手ぶれがあるのかいまいちピントの甘い写真が多い。はっきり後ピンに撮れている花もあったりして(^^;。こういうのはパソコン画面で確認して省けばいいのにね。まだ使い方に慣れていないらしい(当然か)。やりがいがありそうですな。
ワタシもT3で撮ったフィルムを出していたことを思い出し、回収に行く。6月の野島崎、8月の日光、この間の岡本太郎が写っていた。ヤバ。デジカメに毒されているね・・・(^^;。カンゼンに。
260831.jpg

2006-08-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事