クーラーが来た


今日はクーラーの取り付け日。
それでだろうか、朝から久しぶりの晴れ。気温はどんどん上がっていくようだ。朝飯を食べる前に仕事をしていると、取り付け工事の業者から電話があった。朝11時ごろに来るとのことだった。
今日に備えてクーラー周り、階段、屋上と、通路の確保のために動いた。まずイヤと言うほど積み上がっている本(^^;。店の片側に突っ込んだ。階段にも本が積み上がっているので、これも階段じゃない場所に移動。あとはクーラー周りと屋上。このあたりは生活のためのごちゃごちゃしたものが自然に積み上がってしまってワタシでは手を付けられない(^^;。女房にお任せした。
朝、仕上げの移動をいくつか終えて、どうにかクーラーをお迎えする準備が出来た。
息子は夏休みが終わって学校へ行っている。娘はまだ休み。こういうなにか特別な雰囲気の日は娘もちょっと楽しいらしくて、無意味にアッチコッチうろうろしている。ワタシが仕事場にいると、「あともう少しで11時だよ」と逐一報告に来たり(^^;。11時ごろって言ってたから11時キッカリとは限らないよ・・・。
女房が娘を連れて買物に出たとき、到着の様子。早速シャッターを開けてお迎え。通路の確保は万全だった。
古いクーラーの取り外し。室内機はホコリダルマ状態だった(^^;。室外機と結ぶホースも取り外され、壁には大穴が。取付金具を設置して新しいクーラーが据え付けれられ、室外機も取り替えられた。工事はおおよそ2時間くらい掛かっていた。標準工事費は無料だったが、ほかに室外機の屋上設置料金が差額分だけ別に掛かった。
途中昼飯は女房が買ってきたパンを工事の邪魔にならない作業場で食べた。本に囲まれているので、汚さないように娘に注意する。
設置終わりました、と工事の方に呼ばれて行くと、試運転でスイッチが入っていた。ブォーとかなり勢いのいい風が元気よく吹き込んでくる。やっぱり新品だとこんなに快適なんだなぁ・・・(^^;。省エネ設計にもなっているから、古い壊れかけのエアコンを無理して使うよりも地球にやさしい(はず)。6万円と少しでエアコンが新しくなるんだから安くなったものだと思う。
夕方になって息子が帰ってくると、早速エアコンの説明書を読みながらリモコン操作をあれこれやっていた様子(^^;。まあ男の子だから新し物好きはよろしい。
残念ながらもう夏は終わり。エアコンの活躍は冬の暖房時に持ち越されそうだ。
260829.jpg

2006-08-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事