2往復


今日も夏の終わりを思わせるような曇り空。意外と涼しい。
と思ったら朝飯を食べる頃に雨。こういう天気が多い。今日は明古がある。早めに発送の作業を済ませてから出発する。
一渡り入札。ううむ、あれもこれも出てるなぁ。いい値段になりそうな・・・。ここでその値段に付いていくのかやめるのかはワタシ次第。やはり突っ張って行くべきだろう、と思う自分と、でもこれくらいの値段じゃないと売値が思い浮かばないよねぇ、と思う自分が葛藤する。結局両者が納得しそうな”落しどころ的数字”を書いてしまう(^^;。これで落札できるようなら苦労はないのだが・・・。
入札を済ませた頃、昼飯へ誘われた。古書会館近くの蕎麦屋さんへ。食べ終わって皆さんは古書会館へ戻られた。ワタシは一人本屋へ入ってしばし逍遥。文庫本のコーナーをウロウロと歩くも読みたいと思う本に巡りあわず。そもそもここは置いてある本が多すぎてどこを見ていいのやらという感じだ。これだけ揃えてあるとむしろ迷ってしまう気もする。最近本の面だし陳列が流行っているが、それは本の背ばかりズラリでは目的の本が探せないことに端を発していると思う。背っていくら見ていてもアタマに入ってきていないものだ。
まあ、消費者って沢山あると見つからないといい、絞ると欲しい本がないと嘆くもの(^^;。
地下鉄路線図が実際の地図の上に重ねてあるものを買って出る。地下鉄の駅に貼ってあるといつまでも見てしまうあの地図だ。
帰りの電車で早速折り畳んで広げる。すると早速そこかしこで変な箇所が・・・(^^;。多分ワザとやってんだろうなぁ。でもなんでわざわざこんな一目でおかしいとわかる形で書いてあるんだろう?
店に戻る頃には晴れ間。女房とお茶を飲んでから荷物の回収しに再びクルマで神保町に向かう。ふとこの二往復する時間がもったいないのでは?と考える。となると昼ごろにクルマで古書会館付近の駐車場に停めて入札して、終わる頃にクルマで乗り付けて荷物を回収して帰る、ということになるか。パーキングメーターは1時間300円。調べると付近の駐車場はおおよそ1時間600円だった。高い。5時間居たら3000円になってしまう。
北の丸公園の駐車場が穴場だ、と聞いたことがあるが・・・。うむ、確かに安い。
適当な折り合いを付けた札はやはり弱かった。ワタシにとって主要な本はみんな持っていかれた(^^;。
帰りは道が混んでいた。店に戻れたのは19時。すぐに夕食。
260825.jpg

2006-08-25 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事