神保町往復


曇り空。
横浜の古書会館でひとつ仕事を頂いてから神保町へ向かう。表参道で乗り換えて千代田線新御茶ノ水駅。すぐ上の銀行で振込みを済ませる。
それから古書会館へ。今日も明古ではいろんな品物が展開中。特に今回はウチの専門品が出ていたので張り切った。あれもこれも欲しい。もちろんそう簡単には落ちませんけどね(^^;。
昼飯を食べに出る。歩きながら今日は何を食べようかと考える。そうだ、カレーにしよう(っていつもカレーじゃんか(^^;)。錦華通りを北上し、途中を左に折れる。洒落たカレーもいいけど、たまに食べたくなるMのカレー。今日は行列こそなかったが、ワタシが座ったら満席だった。すげえ人気だ。あとから女性連れの人も二組入ってきたりして、なんだY家やM屋並みだね。すばらしい。カツカレーを食べた。冷水機の横に眼鏡のマスターの似顔絵。これがバリ似。「ぜんぶのせー」と気合入れている。
食べ終わって外に出る。いつもそうなんだけど、食べ終わるとしばらくはいいや、という気分(^^;。もう若くないな。男坂を登って文化学院の横を通る。この校舎もあと少しで解体される。
古書会館に戻って落札状況を見る。嵩ものが複数落ちていた。クルマで取りに来ることにした。すぐ店に戻ることにする。お茶を飲んでからクルマで古書会館まで。途中溜池から国会前、桜田門あたりが渋滞。ほかはスムーズで1時間ほど。回収して帰り道。またカーゴ1台分買ってしまった。でも1冊残らず売れますよ、この口は(^^)。
五反田に寄って入札会を見る。皆さん神保町から流れてきていた。駐車場まで戻るとき、いつも気になっていたレコード屋さんのたい焼きをひとつ買う。オヤジさんに「頭から食べてくださいね」と一言言われた。帰りのクルマで食べた。頭からの意味がわかった。ううむ、なるほどね。こりゃ変わってるわ。その理由は食べて確かめてください。130円。
店に戻ってからはとにかく荷造り三昧。今日も沢山のお買い上げありがとうございます。
260407.jpg

2006-04-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事