1日店


今日が甘露書房年内最終営業日。店舗は、ネ。
今日も寒い。ストーブをつけっぱなし。ウチは電気ストーブなので暖まり方はゆっくりだし限定的だ。朝からいつもの店の風景。オヤジは店を出してゆっくりと掃除。子供たちがお駄賃ほしさに店の大掃除を手伝うと言い出したのだが、今回は恒例の床磨きがないこともあり、店の掃除はすでに済んでいるとの返事。がっかりする子供たち。あとからおばあちゃんが「お手伝いしてくれるっていう気持ちだけもらっておくね」と二人にお小遣いを上げたらしい。うーん、微妙な措置だね(^^;。現金より(ちょっといい)お菓子とかのほうが良かったかも。
今日から母親はお正月料理の仕込みのため、店に来たのは昼飯のときのみ。あとはウチで数の子や黒豆、ナマス、きんとんなどの仕込みなどしている様子。毎年楽しみですわい。
オヤジは来年の愛書会展の目録受注が始まり、電話に釘付けになっている。「もう13件も注文が入ったんだよ」とうれしそう(^^)。年内に発送させて正解だったね。と話をあわせると「それが良かったのかもね」と。
昼飯を食べながら昨夜録画した笑ってこらえてのスペシャル。村人グランプリが主な内容だった。ワタシとしては吹奏楽やラクロスなどの部活ものが好きなのだが、田舎で暮らすお年寄りの元気っぷりを見てやっぱり面白かった。都会は田舎に憧れ、田舎は都会にあこがれる。ゲラゲラと皆で大笑い。年末に笑って過ごせるのはシアワセなことですよ。
午後いっぱいワタシはオークション出品作業。夕方、オヤジは店を早々に閉めてさっさと帰っていった。夕食は自宅で食べることになっているという。
夕食は野菜炒めと質素に。明日から夕食が超豪華になるため(^^)。いよいよカニ様の登場だ(予告)。
食べながらTVで収納王を見る。
夕食後はオークション落札品のメール書き。皆さん年末で今日を最終とお考えになっていらっしゃる方が多く、モーレツに忙しい。メール書きは深夜に及んでしまった。追い込みです。
なかなか仕事が進まずにうんうん唸っていると、途中女房が箪笥の中でうなっていた昔の服を整理しに降りてきた。どうやらさっきの収納王に影響を受けたらしい。
まだ結婚する前、ワタシがプレゼントした水玉模様のワンピースが出てきた。「とても着れないから捨てるね」と女房。
収納の極意はまず”捨てる”ことから始まる。「おカネを出せば買えるものはとりあえず捨てる」 至言だな、と思った。
251229.jpg

2005-12-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事