胃痛その後


朝から快晴。寒いのなんの(^^;。
あっという間に冬が来ていた印象。今日も晴れているから、と娘の布団を干した。昨日からずっと胃が痛いまま。なんとなく気分も重い。機嫌も悪くなる。昨夜の日記にはそーいうところが如実に出てるね(^^;。
昨夜のうちにメルマガとオークションニュースレターを発行しておいたので、今朝は比較的ゆっくりした気分。PCを開けてもメールボックスはガラガラだ。
気になっていたので胃のことについてネットであれこれと調べた。すると内視鏡のページがあったりする。ううむ、ピロリ菌か。日本人に胃潰瘍やら胃癌が多いのはどうやらこのピロリ菌が深く関与しているようだ。胃酸過多と思っていたが、もしやこのピロリ菌の感染がワタシの胃痛を引き起こしているのではなかろうか。内視鏡で胃の中を覗いた写真を何枚も見る。キレイな胃の内壁と胃潰瘍を起こしている内壁。果ては胃癌が発生している内壁の写真まである。・・・ますます気持ちが滅入った。シュクシュクとした胃の痛みも治まらない。感染していない胃は陶器のようにつるんとした内壁だったが、それに比べてヒダヒダで腫れぼったい肥大化した内壁の写真が”ピロリ胃”だった。
落ち込んだ気持ちを抱えながら朝飯を食べるがあまり美味く感じない。食べ終わって胃がしんどい感じがしたのでごろんと横になったとき、女房がふっと思い出したように言った。「ウチのおとーさんが胃潰瘍だったんだけど、そのときココアが利くって聞いたんで飲ませてあげたことがあったんだよ。そうそう思い出した!」
溺れる者はワラをも掴む。よしそれなら、と早速スーパーに走った。「純ココア」を買った。買って帰ってから早速ネットで「ピロリ ココア」と入れて検索をかけた。
すごいことが書かれていた。「カカオに含まれる脂肪酸はこのピロリ菌に直接くっつき、細胞内に入って殺菌するそうです。試験管での実験によりますと1億個のピロリ菌に10%濃度のココアを加えると1時間後に8-9割減りました。通常飲む3.5%のココアでも半減し、24時間後には100個以下になりました。」そんじょそこらの薬よりも強力な効き目じゃないか・・・!
一筋の光明を見た気がした。このサイトでは1日1回濃い目のココアを食間に飲むように勧めている。まるで薬並みの扱い。早速17時ころ女房に淹れて貰ったココアを飲む。徐々に痛みが引いた気がした。いや、気のせいでもなんでもいい。どーせ胃痛を抑える対処療法的薬を飲むしか出来なかったのだ。痛み無く仕事が出来ればこれ以上のことはない。
その後晩飯まで痛みが強くなることもなかった。晩飯後になってさらに痛みは薄らいできている。ココア様様だ(^^)。
明日も飲もう。胃痛にはココアを。
251213.jpg

2005-12-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事