ご挨拶


朝は6時半に起きる。窓をあけると涼しかった。
別に気合を入れて早起きしたわけではなくて、女房が目覚ましを間違えてセットしたからだった(^^;。
今日は神奈川古書組合理事として全古書連本部他に大市会開催のご挨拶をして回る日だ。前々から大市会の日程として予定していた。
打ち出しておいた資料とポスターを持って、まずは五反田駅へ10:15に集合。理事長と待ち合わせる。東京南部組合の定例市会にお邪魔し、ご挨拶させていただけることになっていた。南部古書会館では市会を開催中。振り市の形式で本が次々と取引されていく。神奈川組合でも毎週開催されている形式だ。
市会の合間に理事長がご挨拶。事業部の方に大市会規定とポスターをお渡しし、どうぞよろしくお願いいたしますとご挨拶してお暇した。どうも失礼いたしました。
そのまま都営地下鉄五反田駅。都営三田線を乗り継いで神保町駅。まだ午前中の空。幾分涼しさが残るものの、やはり日差しが強くてしばらく歩いているうちに汗が出てきた。暑くなりそうだった。
白山通りを水道橋方面に。古書店を回ってご挨拶。「出物があるかもしれませんので、よろしければ足をお運びください。」と理事長。どうかよろしくお願いします。
靖国通り沿いのお店も回る。途中昼飯をすずらん通りの中華屋さんで。有名なお店だったが、今まで一度も入ったことがなかった。ワタシは冷やしジャージャー麺を食べる。黒酢を使ったスープにゴマダレの濃厚なお味。なるほどおいしかった。理事長は「このあたりは条例で路上じゃタバコが吸えないでしょ。」と言いながら何度か一服されていた。
再びご挨拶。終了後に古書会館へ。全古書連事務局長さんと大市会下見日に開催が決まった全古書連秋季役員会のことについて打ち合わせ。大市会に日程を合わせることで仕事はより大変になるが、出来高的に好成績が期待できる・・・はず(^^;。
打ち合わせが終了後理事長と解散する。店に戻ったのは15時過ぎ。ふう、疲れた。
母親に淹れてもらったお茶を飲んでからしばらく銀行にご入金いただいた分の確認と荷造り作業など。いつもお買い上げありがとうございます。
いよいよ今日から大市に向けた仕事が本格的にスタートする。大市会期日1週間前から組合は特別体制に入る。それまでに秋季役員会の段取りと平行して進めなければならない。もちろん組合としての仕事はそれだけではなく、すべてがうねりながら連動し、10月中旬に集約していく。さて、無事に過ごせるのだろうか・・・(^^;。
20050829.jpg

2005-08-29 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事