亀山湖


朝は2時に目が覚める。
今日はひさしぶりの亀山湖釣行。おかげさまでなんだかんだと忙しくて行くのがのびのびになっていた。行くとなったら3時間睡眠だろうが目覚ましなしでパッと目が覚める。自分でも不思議だ(^^;。
もう亀山行きだからって特別に用意するものは何もない。いつもの釣具を背負い込むだけ。昨夜雨が降ったらしいので、用心のため雨具も一式。カッパと長靴ね。
外に出ると意外と涼しい。なんとなく秋の予感。そういえばお盆だったか。あっという間に夏は過ぎていくんだなぁ。
3時過ぎに出発。道中はラジオ。今日もセクシーどどいつを聞きながら。よくまあこんなクダラナイことを考え付くねぇ(^O^)。一人聞きながら爆笑。
海ほたるで朝飯他を買い込んで木更津側へ。海ほたるはこの時間にもかかわらず家族連れで混雑していた。いつものようにすぐに高速を降りて一般道をひた走る。前にも後ろにもワタシのクルマだけしか走っていない。信号待ちで停車し、ヘッドランプをオフにしたところ、赤信号の向こう側にいきなり闇が姿を現した。なんだか驚いた。川崎ではほとんど見ることができなくなった闇がここでは毎晩出没するのだ。
そんなことを思いながらいつものように真っ直ぐな道をひた走り、亀山湖到着は5時丁度。出船は5時半。1.2mほどの減水だったが、先日来の大雨で水位を戻しているようなかんじに見える。早速いつものように桟橋前のワンドから攻め始めた。ところが、明るくなってきて水が激濁りであることに気が付いた。ルアーがちょっともぐるともう見えなくなる。亀山湖全体が青汁のようなモスグリーン一色に染まっていた。
・・・まずいな。と直感が走る。濁るとここの魚はえさを追わなくなるのじゃなかったか。そもそも濁っているとナチュラル系の色をしたワームは役に立たない。見えないからだ。水流を生む動きのあるルアーか、キラキラと輝いて目を引くルアーが絶対となる。ま。激濁りだろうがワタシの投げるのはいつもと同じ○○ー○なんだけど(^^;。
最初ニゴイが立て続けに2匹、そのあとギル1匹で冷や汗をかいたが、7:10に笹川入り口横で40cmのバスが上がった。その後も縦ストラクチャーを中心に狙うと結構アタリをもらえた。バラシも多かったが30cm、34cmのほかに20cm台を5匹ほど。午後になって少し透明度が上がったのかアタリが増えた気がした。満足な結果だった。
20050814231901.jpg

2005-08-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事