サン・グリーン


「牧草地」と書かれている場所は大きく開けている。
一見ただの広っぱのようだけど、草の葉が少し長く伸びている。さすが牧草地。この日差しでは日向で昼飯を食べている人はおらず、広っぱの端にあるわずかな日陰の取り合いになる。なんとかあいている場所を確保して敷物を敷いて昼飯を食べることにした。
おにぎりを一人3個から4個。鳥の唐揚げむすびやシャケにぎり、オカカにぎりもある。喉が渇いたからあっという間に持ってきたお茶が無くなった。これからは買って用を足さなければならないな。時計を見るとまだ12時を少し過ぎたあたり。
食後にゆっくりしたかったのだが、子供たちが早く行こう早く行こうとうるさいので仕方なく立ち上がった。そんなに急いでどこへ行く?
すぐ隣にミルクプラントがあり、牧場で採れる牛乳を精製する場所だ。ソフトクリームもここで販売している。大行列。それでも食べたいと子供たち。じゃあ食べるか。女房に並んでもらっている間に売店で売られていたサングリーンという牛乳を買った。この牧場の牛乳なのだそうだ。ノンホモガナイズトで低温殺菌。500mlで300円とお値段は超一流。飲んでみるとクセが全く無くておいしい。息子が何度も「おいしかった」と繰り返した。まあ値段がその分高いからねぇ。よく見ると結構買っている人も多いみたいだった。
ソフトクリームを食べ終わってからお約束の自転車乗り場へ。前回使い切れなかった回数券を持ってワタシと息子と娘の3人で周回コースへ出た。そういえば今まではワタシと娘で二人乗りしていたなぁ。小学生になって一人で乗れるようになった。まだ力がないので登り坂でスピードが極端に落ちるけど、運転自体は全く危なげがない。1年足らずでここまでになれるんだから子供の順応力ってのはたいしたものだ。
ひとがんばりするたびにペットボトルを買いに行く事態(^^;。おカネがいくらあっても状態だなぁ・・・。その後もおもしろ自転車に乗ってペットボトル1本。まあ熱中症になるよりはマシか。
時計を見ると14時すぎ。そろそろ行こうか、と動き出す。正面ゲート前を通り過ぎて一渡り遊具で遊ばせる。息子は一切やらず。もうそういう年齢は卒業か?娘は汗をダラダラかきながら止めるまでいつまでも続けようとする。元気だなぁ。その小さな身体のどこにそんな強烈なエネルギーを蓄えているのだろう・・・?。見習いたいものだ。
20050626232254.jpg

2005-06-26 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事