上野へ


子供が是非行きたいと言っていた恐竜博へ行くことにした。
なんでも混んでいるらしい。女房は弁当を作るため朝6時半起き。ご苦労様。多少当初の予定から遅れたものの、8時半には電車に乗って上野を目指した。東横・銀座線を乗り継いで上野駅に到着は9時半。まあこれくらいなら10分待ちくらいで入場できるのではないか、と西洋美術館の角を曲がって驚いた(!)。入場券を買うための行列が出来ている。まして入場待ちの行列はそれ以上の長さにおよび、徐々にその長さを伸ばしていた。係員がメガホンで叫ぶ。「チケットご購入まで20分待ちです。チケットをお持ちの方はご入場待ちの列にお並びください。だいたい45分待ちとなっております。」驚いた。入るまで1時間以上かかるのだ。渋滞と行列嫌いのウチの連中はこの時点でスッパリあきらめていた。「動物園に行こうか。ひさしぶりだし楽しいよー」と女房。まあそう言うしかないよな(^^;。ガックリとうなだれる息子。こんなことで落ち込んでどーすんだ。世の中にはなぁ、こんなことヘでも無いほど辛いことがこれからいっくらでも巡って来るんだゾ。上げてこう。こんなこともあろうかと今日はちゃんと秘密兵器を用意してきたんだ。
普段仕事に使っているものも含めてデジカメを2台。予備バッテリー共ディパックに入れてきていた。メモリカードはウチとしては現在最大の512MBを息子に貸すデジカメに入れてある。娘のには128MB。ほんの1年前までは128MBが標準だったが、たった1年で512MBが標準的になっており、あと半年もすれば1GBが標準といわれるようになるに違いない。・・・にしても1GBも何を撮影するんだろ・・・(^^;。動画かな?
気分を入れ替えてまずはパンダから。話題のレッサーパンダもパンダ舎の入り口に。立たなかったが。代わりにパンダがすごくサービス精神旺盛で、えさの時間だったからもあろうがササを食べながら観客の目の前にドッカと座っている。堂々としたその様子に観客は盛んにシャッターを切っている。まだ開園したばかりなのでゆったりと見物することが出来た。
ゾウ舎が改築されてズーラシア風に。どうやらこの流れは当分続くだろう。ちょっとした話題になっているカワウソ舎。檻からチューブで繋がった水槽が檻の外まで出ており、そのチューブを伝って好奇心旺盛なカワウソが行ったり来たりしている。とぼけた顔をしていてかわいいんだこれが。
20050620011052.jpg

2005-06-19 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事