1日店


今日も朝からなんとなくいい天気。ホントに梅雨なの?
朝飯を食べながら昨夜録画したキムタクのドラマを見る。いよいよストーリーは佳境にさしかかる。ああ、レーサーの話だったな、と思い出す。このドラマが終わると7月になるんだな。もう今年も半分終わったってことか。
女房は心なしか急いでいる。これから娘の授業参観へ出かけるらしい。以前は土曜日などに授業参観日を設けていたが、今は参観週間という形にして少し余裕を設けているらしい。なるほどね。「みにきてね」という娘のたっての希望で2時間目の図工の時間を見に行くという。楽しみだね。
食べ終わってからワタシは昨日から始まった目録で受注した品物の荷造り作業。いつもお買い上げ有難うございます。昨日から作り続けて発送荷物は今日も山と積み上がった。おかげさまで。
今日は火曜日なので店は定休。とはいえ、12時頃に女房が学校から戻ってきたので店を開けた。早速昼飯を食べる。食べながら娘の学校での様子などを聞く。
どうやら娘はウチに居るのと同じように学校でも振舞っているらしく、よくしゃべる”押しの強い女の子”らしい(^^;。なぜか男の子に人気があるのか、授業が終わって休み時間になると「きょうあそぼーよ」「うん、わかった」「あ。だめだよ、きょうはぼくとあそぶんだから」「じゃあそとでみんなであそべばいいじゃん」「じゃあ3じまでは○くんとで、4じからは○くんとあそぼうかな」とか、そういうかんじらしい・・・(^^;。へぇー。一体なにがどーなってんだか?
ちょうど授業が終わって帰る時間。娘はランドセルを置きに帰るとすぐにパッと出かけようとする。「今日はどこへ遊びにいくことにしたの?」と女房。「3じまでは○くんとあそぶんだ」「だってもう3時じゃないの」「えきでまちあわせしてるからいくよ」と出かけていった。しばらくして「とけいない?」と娘が戻ってきた。外では一人男の子が待っている。ちょっと娘よりも背が低いかしら。なんとなく姉弟のような感じ・・・(^^;。
息子は息子で友だちを連れてきて得意の遊戯王カードで遊んでいるようだ。作業場に楽しそうに遊んでいる声が時折聞こえてくる。
とまあ、子供たちは子供たちで自分なりに世界(社会)を創り始めている。大人になるまでに一人でやるより二人でやるほうが面白い、ということを知る必要がある。それは社会性を帯びていくためにはどうしても必要なことだ。一人で生きていけるほどウチの子達が強くなれるはずはないのだから、ネ。
夕食後、一人仕事。一人じゃさびしいのでカエラ姫のラジオを聴きながら。20050615003350.jpg

2005-06-14 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事