神田へ行ってきました


金曜日は横浜へ。
先日の月曜日に仕事が一区切り付いたので神田へ行かせて頂くことにした。一つ仕事を背負って再び東横線に乗った。到着は13時過ぎ。一杯本が出ていた。入札入札。とはいえ、先週買った本はまだ店に積み上がっている。ほどほどにしないとまたオヤジに何を言われるかわからない(^^;。ほどほどの入札にとどめた。
昼飯はちょっと歩いてとんかつを食べた。わらじのようにデカイ(^^;。ウチじゃ食べられないのでつい・・・。曇り空の中を少し散歩することにした。錦華通りから錦華小の横道を歩いて錦華公園。昼下がりの公園は意外に人がたくさん居て、ベンチはあいていなかった。そのまま通り過ぎて錦華坂。山の上シケインを登って降りた。このあたりはM大とN大の校舎が入り乱れて建っている。また駿河台へ坂を登り、御茶ノ水駅前の一本手前を右に入る。ここは病院通り。K大とN大の病院が道を挟んで両側に。突っ切ると目の前にニコライ堂。左折して御茶ノ水駅前に出る。そこで”つい”信号を渡ってしまった(^^;。線路沿いに坂を降りるとそこは昌平橋。秋葉原である。
最近ラジオを聴いていると秋葉原から新しいものが次から次へと発信されている、と報道されているが、当の秋葉原を歩くとすでに”新しいもの”として流されたものは一回りしてしまったのか、メイドのカッコをしたお姉さんがビラを配っていても誰一人受け取ろうとしない。このあたりがさすが秋葉よ、と思う。
i-Podやメモリーオーディオも一回りしたようだし、デジカメに至っては売り場にお客が全然立っていない(^^;。あっという間に消費され尽してしまうのだろうか。人だかりがしているお店はパーツ屋さんという観測だが、それはもともとある秋葉原の姿である。ワタシがラジ館などのコアな場所へ行っていないが、そこにはフィギュア系のコレクションがズラリと並んでいるらしい。こういう新しい部分をメディアは好んで取り上げる。
個人的に気になっているデジカメがあったのでいくつかお店に入って値段がどれくらい違うのかを見ていたが、当然同じものなので競争するとしたら価格で勝負するしかない。メモリカードをおまけに付けます、という形で差別化しているお店もあったが、結局はどのお店にもお客はほとんど居なかった。ボーナス商戦まで一服といった様子なのかも。
早足で古書会館に戻る。開札の終わった会場でMさんと長い立ち話。このあいだのUBCのお話などを聞かせていただいた。交換会場では何人かの人から「ひさしぶりだね」と声を掛けていただく。覚えていて頂いて有難うございます(^^;。
買わないように買わないように思っていたのだが、つい8本口を落札してしまい、ほかにもポツポツと出会い頭的に落札(^^;。明日クルマで取りに来る必要が出た。帰り道の靖国通りを歩いていると、古本長屋の一角がまるで夢のように消えていた。
店に戻るとオヤジは機嫌が悪かった。20050520220537.jpg

2005-05-20 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事