箸の持ち方


朝からいい天気。
これくらいいい天気だと皆さんお出かけするだろうなぁ。とラジオをつけてみると何処も大渋滞だ(^^;。ご苦労さまです。
土曜日は比較的のんびりとしたペース。まあ荷物が積み上がっている状態は相変わらずだけど、何処へ出かけるわけでもなく、落ち着いて仕事ができる日だ。先週の今頃は名古屋だったか。早いなぁ。もうあれから一週間か。桜が咲いたと思ったらあっという間に4月も終盤だ。
女房は午前中子どもたちを連れて図書館へ。息子はもう小6だが、こういうときなかなか一人で行動しようとしない。自分が小6の頃はもう一人で何処へでも行っていたし、行かせてもらえたはずだがな。ま、もっともその頃は今よりも世相が良かったのかもしれない。ここ10年で物騒な世の中になってしまったから・・・。
帰りにスーパーに寄ったら沖縄フェアを開催中で、沖縄弁当を買ってきてくれた。今日の昼飯だ。赤米のご飯やラフテー、ゴーヤチャンプルーまで入っている。へえ、うまいじゃないの。ちょっと沖縄へ行きたくなってしまった。
娘はこのあいだ小1に上がったが、箸の持ち方がまだ出来ていない。いわゆる握り箸になってしまい、中指で箸を押さえて使う。そんな持ち方をしていると笑われるから、と、飯のたびごとにあれこれ注意して直させようとする。「うまくもてないよー」とそのたびに涙をぽろぽろと流してすごく悔しそうな顔をする娘。箸なんていちど覚えてしまえばあとは何の苦もないのだろうけど、その覚えるまでが娘にとっては拷問のように感じるらしい。親指と人差し指と中指の3本で箸をつまませてその3本指だけ動かしてご覧、と言うと、やはり手全体を動かしていた。まだ指がちゃんと発達していないのか。いや、それじゃあピアノを習わせている意味が無いじゃないか、とあれこれ考える。・・・結局まだアタマで理解できていないのだろう・・・。アタマでイメージできないものを身体が先にできるわけがない(^^;。まあ、あまりあせらずに教えていきたい。
箸の持ち方が出来ていないということは、周りにそれを注意してくれる大人が居なかったことの証拠。箸の持ち方でその人の育ち方がわかってしまうのだ。
オオゲサ(^^;?そんなことはないと思うけどなぁ。20050424000801.jpg

2005-04-23 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事