全古書連大市会


春は大市の季節。
今日から二日間の日程で全古書連大市会が名古屋にある中小企業センターで開催される。もちろん、この二日間のためにかかった準備期間たるや大変なものだと・・・。お疲れ様です。
朝は7時に起きて出発の準備。新幹線の指定席は予約してあった。新横浜までの時間をなかなか計れないので少し余裕を持って出発したが、思っていた以上に連絡が良くて30分以上早く新横浜に着いてしまった。ホームへ上がるとちょうどのぞみ号がプラットフォームに滑り込んでくる瞬間で、自由席に空きがあるようだったから思わず乗ってしまった。車内では昨日仮契約をした新サーバー会社からもらったメールを読む。思っていたより簡単そうだったが、こういうことは実際にやってみないことにはわからない。
名古屋到着後、早速中企センターへ。広い会場にまずびっくり。その量にまたびっくり。ずずいーっと広い会場には所狭しと品物が並んで入札を待っていた。東京以外の場所で開催の全古書連大市会に来たのは今回が初めて。少し気後れしながらも欲しい本に少しずつ入札をしていった。
昼飯を食べに近所まで出る。もちろん初めて歩く場所だ。方向感覚も掴めず軽く迷子になりながら結局適当なお店が見つからず名駅前にある百貨店の上の食堂街でみそかつ定食を食べた。
再び会場に戻るとそろそろ全古書連の総会開催時間が迫っていた。総会はこの中企センターではなく、近くにある大きなホテルに会場を移して開催される。
15時より会議開始。その内容はここには書けないが、秋季役員会の倍ほどの出席者があり、重要議題について審議を行った。
18時半から懇親会が始まり、次回秋季役員会を仰せつかった神奈川組合員として式次第などが気になった。うーん、どうしたものか・・・(^^;。
その後二次会まであったあと散会。部屋に戻った。
すぐ寝ようかと思ったもののなかなか寝付けず。部屋にはネットの端子が備え付けてあって、利用料は無料とあった。PCを持ってくれば日記書きやメールでの応答くらいは出来たなぁ、と言えなくもなかったが、それは後の祭り。
25時過ぎにライトを落とした。なんだか妙な疲れ方だ。20050417231118.jpg

2005-04-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事