記念日


朝は5時起き。今朝も王禅寺へ出かけた。
先週よりも来ている人が少ない。そのかわり、先週よりもアタリが少なかった(^^;。結局2匹釣れたところで納竿。なかなかうまくいかないものですなぁ。そろそろ亀山湖へ行きたくなってきた。途中雨がぱらつくこともあったが、徐々にいい天気になった。
帰りのクルマの中でおにぎりを二つ食べる。途中酒の量販店に寄ってひさしぶりにビールをケース買い。店に戻り、本の発送作業をいくつか。終わってから毎年この日に(忘れなければ)行っている家族での記念撮影。三脚を立てたまでは良かったが、使おうと思っていた*istDSが電池切れで動かず(^^;、急遽T3を引っ張り出した。ところが、普段このカメラではセルフタイマー撮影をしたことがないから取説を参照したりしてすったもんだ。いやあ、慣れないことをすると・・・(^^;。
昼飯まで昼寝。おにぎりの昼食。梅干しに鮭に海苔の佃煮。おかずは切り干し大根。ウマイねぇ。日本人だねぇ。
15時過ぎに出かける。娘の通う音楽教室の発表会。多摩川線(どうもなじまない なぜ目蒲線廃止の際、蒲田線にしなかったのか?)の蒲田駅。大田区民センターアプリコというデカいホールが会場。普段お稽古しているだけじゃなんだから、教室としてはこうして晴れ舞台を作って演出するわけだ。
会場に入りきるのだろうか、というくらいの人が来場。もちろん出演する人の家族だけどね。エレクトーン演奏をたっぷりと聞かせてもらった。今日出演の人たちは皆小学生だということだったが、中にはものすごく運指のウマい人も居た。ただねぇ、パーカッションの音を演奏するパートがあって、鍵盤を叩いて太鼓の音を出している姿を見せられると、ちょっとな、と思ってしまった。太鼓には太鼓の音の出し方ってものがあって、叩き方一つで表情さえ変えることができるのだ。なんでも音の出せる楽器。しかしそれは同時に、他に応用の効かない技術に過ぎないものなのではないだろうか・・・。この楽器をマスターしたとしてもこの楽器がない場所では表現が出来ない。電子楽器の一つの限界に気が付かされた気がした。
とはいえ、日々の精進を発表する演奏会は無事終了。幼稚園生のクラスの子でステージに上がってから演奏が終わって退場するまでずっと泣き続けた子が居たのが印象的だった(^^;。まさに男泣きだったね、ありゃ。
「おなかぺっこぺこー!」と会場を出てから娘。そりゃがんばったものね。駅前の東急プラザの食堂街で食事。オムライス絶品。デザート取り合い(^^;。食後は軽く文房具屋さんや本屋をひやかして、帰宅は20時。
それから再び荷造りやメール書きのお仕事。いつもお買い上げ有難うございます。2005-04-10.jpg

2005-04-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事