満開の桜


朝から快晴。気温も上がると天気予報。今日は仕事どころじゃないなぁ・・・(^^;。
いつものように横浜へ。反町公園の桜は満開。
今日はいよいよ来週に迫った名古屋の全古書連大市会への神奈川からの出品荷物を荷造り・発送作業をすることになっている。集まった荷物を総務理事さんが用意してくれたダンボール箱で梱包して次々に積み上げる。もちろんウチの出品物も梱包。所狭しとならんだ荷物は大きい箱で23。なんとか例年並みの量になってくれたようだ。ご協力感謝します。
午前中で作業が収まったのであわてて東横線に乗った。今からなら明古に間に合うはずだ。ってまあ、明古ってのは今日に限っては口実で(^^;、実は満開の桜を見に行きたかった。
入札を終えて、すずらん通りの洋食屋さんでカツカレーを食べ終わると、さくら通りをまっすぐ九段方面へ。九段下の交差点から九段上まではビッシリの人・人・人。まあここの桜は全国区だものね。お堀の斜面にへばりつくように枝を伸ばした桜の木からはゆっくりと花びらが舞う。もちろん満開だ。カメラを持った人が一杯。ケータイで撮影している人もかなり見た。皆さん笑顔。春の到来を実感できる場所として此処より他にふさわしい場所があるだろうか。
日本武道館ではわが母校が入学式をしているらしい。思えばこの場所で大学への入学式に出席したのだったなぁ。数えてみれば18年前だ。もうそんなに経っているのか・・・。
T3でパカパカ撮影しながら歩道橋を渡って靖国神社へ。参道にはずらりと屋台が並ぶ。もうまるで日本中の屋台が集結したのではないか、と思えるほどバラエティなお店の数々。でもねぇ。一人散歩の時には絶対と言っていいくらい買い食いしないのですわ、ワタシ。青シートが敷き詰められた参道向かって右側では、グループでお花見の宴を挙行する方々。うらやましいけどね・・・。
靖国神社の桜はしっかり手入れがされているのか、適度な大きさの桜が碁盤目状に植えられていて、あたかも”桜天井”のよう。境内ではお酒禁止なので純粋に桜が楽しめる。ワタシはどちらかというと飲みながらよりも”靖国スタイル”の花見が好きだ。遊就館で零戦を見る。
時間はほおっておくと際限なく過ぎ去っていく。こうして年に一度桜によって時間を区切り、また新たな気持ちにしてもらうのは必要なことだ。桜は今年も変わらずこうして見事な花を咲かせて皆を楽しませてくれた。期待を裏切らない桜はエライなぁ。出来れば来年も、今日のような晴れやかな気持ちで桜を見上げられますように。
古書会館に戻って入札会の結果を見る。欲しかった本が2点落札できていた(^^)。2005-04-08.jpg

2005-04-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事