花見


朝から曇り空。風が強い。
せっかく桜が満開になったのだから花見がしたい。かといって日曜日では花粉症患者を抱えているので遠出は難しい。ちょうど新学期で子供達は朝8時に出払うから、花見をしながら朝飯を外で食べようよ、と女房と相談した。
8:20頃に店を出て、まずはコンビニで朝飯を買う。なんとなくおにぎりは敬遠してサンドイッチとメロンパンを買った。女房もサンドイッチにクリームコロネ(うまそー)。会計を済ませると通勤の方々でごった返すホームへ。ちょうど目黒線が入線してきた。女房はなんとなくはしゃいでいるのか、通勤電車で普通に会話する。他にしゃべっている人が居ないので結構目立つんだ(^^;。多摩川園で降りる。
もちろんこの時間は乗る人ばかりで他に改札を出る人なんて居ないし、花見に向かうような人も居ない。多摩川台公園は結構ひさしぶりだ。前は花見といえば家族でここに来た。あの頃よりも整備されて小奇麗になってはいるが、桜の植わっている位置などはあまり変わっていない。高台に登ると桜が目の前。南風が川から吹き上がってくる。じっとしていると結構寒いな。
買ってきたサンドイッチを食べてペット茶でお花見気分。南側だが川からの風の影響か、満開からは程遠い三分咲き程度。近くでみると丸くかわいい蕾が一杯だった。メロンパンにはホイップクリームが挟まっていた。ウマイね(^^)。
直接風の当たらない北側の桜はむしろ満開。こちらにはお花見の場所取り青シートが結構並んでいる。今夜は酒盛りかな。
松の木があちこちに植わっていて、「きれいな松ぼっくりがあるよ」と女房。三つくらい拾って「どれが一番きれいかな。これとこれは大きいんだけどコレの形がいいんだよね。」やっぱり一番形のいいのがいいんじゃない?
そのまま虹橋を渡って宝来公園方面へ。ここまで来るとほとんど田園調布だ。日本一の高級住宅街には高い建物はなく、代わりに広いお庭と低めの垣が街路と敷地を分けている。生垣のお宅はきっちり刈り込まれていて、あれはちゃんと庭師の仕事だよ。「ってことはここに住む人は庭師を雇える人じゃなきゃダメってことだよね。」そうだねぇ。と夫婦の会話。田園調布駅まで歩いて東横線に乗った。いい散歩コースだ。店に戻ったのは10時少し前。
あとはいつもの仕事の日。昼過ぎから快晴になりちょっと残念だった。ええい花散らしの無粋な風め。2005-04-07.jpg

2005-04-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事