卒園


今日は娘の卒園式の日。普段より早く幼稚園に行くということだったので、ワタシも普段より早く起きた。
式に出席するつもりは無かった。今日は金曜日。いつもどおり横浜へ行かなければならない。なかなか出る準備をしない子供達をせっつきながら女房は忙しそうだ。まず息子を普段どおり小学校へ送り出し、8:20頃に親子3人で幼稚園に向かった。朝のラッシュアワー。駅へ急ぐ人に逆流して商店街を歩く。朝のこの時間にここを歩くのも最後だな。娘が2年、息子も2年、そしてワタシも2年通った道だった。T3でパシャパシャ写真に撮った。
いつの間にか幼稚園の正門前に到着。門の前で記念撮影。じゃ、いってらっしゃい。と見送った。女房にカメラを持ってったら?と勧めたが、「壊すとヤだから」と受け取らなかった(^^;。帰り際、垣根に植えられた沈丁花のさわやかな香りが鼻先をくすぐった。
一旦店に戻り、発送荷物を整えてから再び店を出た。横浜へ向かった。月曜日に打ち込んだ春の良書市会の目録が完成し、会計理事さんが持ってきてくださった。今日中に発送作業が予定されているので、朝から宛名封筒の打ち出しと目録を折る作業を出席された理事さんと事務局の方々と。ちゃんと予定に間に合わせてくださり、ありがたい(^^)。市会が開催中だったため、手渡しでお渡しもする。こうすることで郵送代が浮く。わずかな金額かもしれないがそのわずかの差を軽く見ることを我々理事がしてはいけない。
作業に目途が付いたということだったので、ワタシは明古へ向かわせてもらった。東横線に乗る。
13時頃に神保町駅。良く晴れて暑いくらいの陽気だ。すれ違う人の半分くらいが顔が半分以上隠れるマスクを着用していた。そーとー花粉が飛んでいるのだろう。どうして蕾だけでも切らないのかねぇ。
明古で一通り入札してから昼飯。靖国通り沿いのスマトラカレー屋さん。久しぶりだ。付いてくるスープが熱くてウマイ。昼飯時から少し外れていたのですいていた。
急に空は雨模様。小走りで市場に戻るとオヤジが居た。今日は愛書会展初日。いくつか入札もしているらしい。ワタシはそろそろ店に戻る時間だったので、引き荷の要領を教えたがうまくできただろうか。
帰りの電車に乗っていると晴れてきた。キツネの嫁入り? 店に戻ってからは受注品のメール書きと荷造りをしているうちに夕食の時間となった。今日は卒園のお祝いということでお赤飯。食後にはお約束のケーキが用意されていた。
ちょっと前まで落ち着きのなかった娘だが、急にあれこれと分別が出来てきたような気がした。卒園おめでとう。いよいよ小学生だね。20050319004509.jpg

2005-03-18 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事