大掃除二日目


朝から快晴。
今日がごみ収集最終日。忘れずに8時ごみ出し。一安心。
今日が床掃除二日目。朝から娘は「てつだう!」と張り切っている。息子は特に言葉には出さないが「やるよ」と思っているようだ。朝から女房は目の前にあるスーパーへ買出し。恒例のカニ特売。年末はやっぱりコレでしょ(^^)。いそいそと日本酒を一升瓶から四合瓶に分けて冷蔵庫へ。
朝パンを食べてから作業開始。と思いきや娘の様子がおかしい。どうやら風邪をひいた模様。さっき食べたパンをもどしたらしい(^^;。おいおい年末だぞぉ。仕方なし。静かにやる気のある息子に手伝ってもらう。
倉庫代わりに通路に積み上がっている本を昨日ワックスがけした側に全部移す。結構な量。運ぶだけで息子は大変そうだ。なんのこれしき。
ラジオを聴きながらワックス剥がし作業。作業ははかどって昼飯までに終了。午後から買い物に行きたいという息子にお駄賃を渡すと「ありがとうございました」と笑顔。ちゃんとお辞儀できるんだ・・・。
飯を食べた後は今日発送分の荷造り作業。息子は隣駅の大型スーパーおもちゃ売り場へ。16時までに荷造りを終える。出しに行く前に息子は帰ってきた。郵便局まで行ったその足で安売り酒店まで散歩。女房の実家へ持っていく一升瓶を買い、ついでにおつまみと発泡酒も買う。晴れたが結構寒い。ここにきて冬本番。そりゃそうか、年末だもの。道の真ん中に突っ立っているように見える自販機が寒そうに夕日を背にしていた。
たまにしか歩かない道だが、ワタシが中学生のときに毎日通った道だった。あのころあった商店街は見る影もない。さびしい感じがする。時代とともに商店そのものに需要がなくなったのか、それとも跡継ぎが居なくてやむなくなのか。確かにウチだってワタシがこうして継がなければ閉店していたと思うしなぁ・・・。妙に美容室があちこちに増えていて意外に思った。
店に戻ってからHPの更新。娘の様子を見ると意外に元気で、女房が作ったおかゆをペロリと平らげて「もっとちょうだい」だそうな。どうやら心配はいらないらしい。
夕食後オークション落札品にメール書き。いつもお買い上げありがとうございます。日記を書いているうちに日付が変わった。もう大晦日。20050110232421.jpg

2004-12-30 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事