祝賀会


朝からスーツを着て横浜へ。
何人もの方に「あれー?どうしたんですか?」と云われた(^^;。着慣れないものを着ている自分が一番違和感あるんですけど、ネ。
朝から初市会の目録制作。ついでにホームページの更新作業。事務の方にもタイプをお願いして今日までの分を更新完了。初市会目録もアップできた。組合員の皆さんが全員メールアドレスを持っていただけていれば”目録”という形でお送りしなくてもメールで配信できて”無料”で発行が出来るようになるんだけど・・・。まあ夢のような話だ。経費節約できる事柄には理事会の努力だけでは達成できない部分がある。これが出来ると発送にかかる決して少なくない経費が丸々浮く。
組合でいつもいろいろな印刷をお願いしている印刷屋さんがたまたまいらっしゃったので、古書ニュースを完全版下で印刷していただいたときに1部あたりおいくらになるかを聞いてみた。こちらで印刷する3.6倍だった。組合をIT化することでマンパワーはかかるにしても単純に印刷代は1/3に、いや、組版代も浮かしているからその倍以上の経費圧縮を達成している。こういう細かい努力・成果も本当はきちんと見てもらいたいものだ。
16時半過ぎに理事長の車に乗せていただき、1国を北上し五反田へ。東京南部支部35周年祝賀会出席のため。こういう場所に出席することはほとんどないので見るものすべてが新鮮。東京の本屋さんが沢山集結していてそれはそれは壮観な光景。
圧巻だったのは余興として演奏をしてくれた和太鼓。皆さん高校生らしいのだけど10人編成で迫力ある撥捌きだった。ううむ、すごい(^^)!演奏が始まったとたんその迫力に押されてしまってその場から動けなくなってしまった。そのまま演奏が終わるまでずっと聴き続けた。かっこいいなぁ。こういうの大好きだ。
会が終了したあと、神奈川組合の方々を中心とした皆さんと一緒に五反田の街を逍遥。普段朝まだきの五反田ばかり見ていたワタシとしては夜本来の姿の五反田を見せてもらった。といっても普通の居酒屋での二次会ですが・・・(^^)。いろいろなお話を伺った。
焼酎で乾杯。店に帰着は11時半。それから仕事をしているうちに26時を過ぎた。20050111185203.jpg

2004-12-10 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事