金曜日は横浜へ


昨夜は店に戻ってから夕飯もそこそこに仕事を開始した。
たくさんのご注文メールとたくさんのご入金を頂いていた。いつもありがとうございます。日記を書く暇も無くとにかく仕事を続け、気がつけば時計は日付が変わった26時(^^;。切りを付けようにもまだ全く追いつく目処も立たなかったので寝ることにした。発送できる荷物を店に積み上げると大山が三つ立ち上がった。
朝は6時半に起き、再び仕事を続けた。終わらない。追いつけない(^^;。オークションで落札いただいた方へのご連絡をやむを得ず後回しにさせていただき、メールでご注文頂いた方へのご連絡を優先。オークションは今夜帰ってからまとめてすることにした。すみません。
9時過ぎにいつもの金曜日のように東横線に乗り反町へ。快晴の乾いた空。幾分空気が冷たく感じる。急速に秋が深まりつつあった。
今日の市会終了後から良書市会の準備が始まる。あまり寝てなくて疲れていたけど休むわけには行かなかった。
会場を整える前に残置品も振ってもらう。その多さに驚いた。台の下から引っ張り出すと所有者が現れたりして(^^;。自分の荷物じゃない品物を今日は随分と運んだ。意識して交換会会場に詰めて仕事をした。
交換会が終了した15時過ぎから良書市会の設営が始まり、経営員主任さんの指示のもと各所に置かれていた良書市会の出品物を出して整えた。仕事はおおよそ17時過ぎに終了し、18時過ぎに店に戻った。
再び仕事開始。メールボックスを開けると再びご注文メール多数。いつもありがとうございます。夕食までご注文品のメール書きをし、夕食後はまずご入金いただいた分の荷造りに取り掛かる。やっと追いつき、二日分のオークション落札品のご案内メール書きを開始した。遅くなりご迷惑をお掛けいたしました。でも決してサボっていたわけではありません(^^;。
メール書きが終わってどうにか仕事が追いついたか(^^;。いや、まだ今日を含めて3日分の日記を書いていない。23時過ぎから書き始めた。
どうにか柳川旅行記までの5000字を書き上げて倒れるようにして寝た。やっぱり今日も26時。長いような短いような1日だった。20050221232609.jpg

2004-10-15 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事