月曜日は横浜へ


良書市会はいよいよ来週。
その前に立ちはだかっている行事がある。全古書連秋季役員会だ。13日に福岡で開催される。ワタシと理事長はその会議に出席することになっている。割引の往復航空券を随分前に調達したり、先週のうちに参加費をお預かりしたり、忘れてはならない会議でご報告する事項について調べたりと、先週から何かと気の張ることだ。こういう行事は無事に終わるまでなかなか気が休まらない。こんな性格。時々損だと思う(^^;。
今日は月曜入札会。経営員の方が4人ほどお休みなので理事も手伝うことになった。前半の入札会ではワタシは開札作業に入り、理事長は札改めに。開札作業が終了後はヌキ書き。その後は特価本のフリ市でヤマチョウを担当した。ヤマチョウとはどういう字を当てるのか知らないが、要は振り市だから売り手と買い手が声で取引した事柄を紙に書き留める役目。ここで書き間違えると取引自体が間違って記録される事になるため大変なことになる。様式を教えていただいたが、最初は取引のスピードが速いこととあいまって少しあわてたものの、慣れてくれば徐々に要領がわかってくる。仕事に「やったことないから」は通用しない。それは「やりたくない」と婉曲して言っているだけのこと。やったことがなければやってみるべし。見えなかったこともだんだん見えてくる。
次々に出てくる本を買い手は一瞬にして査定し「何冊くれ」と発声する。”プロ”を感じる瞬間だった。
昼飯の後はホームページの保守作業。午前中事務局の方に出品表を入力しておいていただいたので、理事日記をコピペしてからすぐにアップできた。ちょうどいい機会なので古書展情報の収集を外販事業部理事さんにお願いする。今後は外販理事さんにもう少し動いていただきましょうかネ。
理事長からは特に何の指示も出ないので、これからはワタシが指示を出していこうかしら。(ひらきなおり)
昼飯の後、理事長はお帰りになり、ワタシは秋季役員会の発表資料作り。会計理事さんはPCに向かってずっと会計のお仕事をしていらした。事務局の方が上に上がっていらしたのは17時前。ちょうどワタシも会計理事さんも仕事の切れ目だったのであがることにした。少し早めの帰り道。先日台風で倒れたという木を見てから反町駅へ。
店に戻ってからは少し仕事。今日まで世間は三連休。ラジオをつけると高速道路上りの渋滞を伝えていた。天気が悪いのにご苦労様(^^)。
三連休は仕事にかぎるぜヨ。1011.jpg

2004-10-11 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事