今日も雨


朝起きて雨。今日は古書の日。
筋肉痛は幾分治まっていた。「1日で治ってくるなんてまだまだ若いんじゃない?」と女房。自分で老いたと思わないかぎりは青春よ、と強がるワタシ(^^;。
雨の月曜日。今日も横浜へ。大市で買ったカーゴ1台強の荷物は手付かずのまま(^^;。本の山をほっぽって組合の仕事をする。正直想いは複雑だ。入札市会だがあまり入札する気力が起きない。それは勿論買わなくても品物が店に積み上がっているという、ただそれだけの理由。買ってる場合じゃない。売ることを考えなきゃ。
午後からは定期理事会。いよいよ迫った良書市会についての打ち合わせ。経営員主任さんからは「いつもどおりで」と言われていたのだけど、目録を発行してお客様をお迎えする市会である。下見日を設定したりして経費もかかっている。だいたいいくらくらいの出来高でペイできるのだろうか。また、その目標額が出たとして、そのために今から出来ることは何か、そんなことを話しあう。良書市会はある意味で定例化しているが、その妙な”慣れ”意識からくる緩みがありそうな気がして仕方ない。直前になって詰めればいい話もあったが、ここ1、2週間前にやっておくべきことはなかったのか、など、考え始めればいろいろと反省する事はすでにあるような気がする。・・・ま。今の段階では詳しく書くことは避けておくが。
タイムカードは18時少し前。霧雨の降る中を反町駅に急ぐ。車中は澁澤龍彦。非常に明快な文章。この人の博識ぶりと、よく整理された文体で綴られる話の妙に感嘆する。
店に戻ってからは荷造り作業と格闘。興がノってきたころ、娘からの内線電話。「あ。おとーさん?ごはんのよーいができました。」娘の声を聞くとホッとするなぁ・・・(^^)。時計を見ると19:20。上階へ昇ると今日のおかずはホワイトグラタンだった。「ホワイトソースもあたしが作ったんだよ」と女房。ウン、こりゃ美味いねぇ(^^)。
夕食後、再び荷造り作業と格闘開始。いつもお買い上げありがとうございます。1004.jpg

2004-10-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事