甥っ子


おととい千葉へ行ってきたオヤジたちは今日も休み。朝から曇空。
実質甘露書房の夏休みと言ったところか。ちょうど弟が夏休みを取れたというので、今日は家族で帰ってくることになっていた。ワタシを名実ともに(^^;オジサンにした甥っ子は今日が1歳の誕生日。さて、どれくらい大きくなっているだろうか。
午前中に母親から電話があり、「午後また電話するからこっちへ来たら?」とのこと。果たして14時過ぎに電話があった。近所のお菓子屋でやわらかいケーキサンド(いわゆる○ボナ)を人数分買ってから家族で押しかけた。当然店のシャッターは閉めたまま。
こんちはー。お。大きくなったねぇ(^^)。この前会ったのはまだ生まれて3ヶ月だったからなぁ。ゴロゴロと寝ていただけだった様子しか見ていない記憶と、ハイハイもつかまり立ちも出来る今の様子には印象にかなりのギャップがある。自分の子供はなかなか大きくならないと思ったりもするが、離れている子の成長は早く感じる。
大勢のオトナたちが輪になって1歳の子を囲んだ格好(^^;。そりゃ緊張するよなぁ。順番に顔を眺めてからウェーンと泣き出したり。少しずつ慣れてきたのか、2時間ほどすると笑顔を振りまくようになった。よかったね。ナボ○もパクパクと良く食べていた。
ウチの息子はもう大きいのでそういうことは無いのだが、娘は昨日までハッキリと「あかちゃんきらい!」と言っていた。今まで家族で集まったとき自分が皆の視線を集めていたものが、その地位を取って代わられたという想いがあるらしかった。ある種のヤキモチだろう。下の子にはそういうことがあるのかな。
女房が「赤ちゃんにいろいろと教えてあげな。もうお姉さんなんだから」と説得。皆で気分を盛り上げてあげると気持ちも前向きになったようで、今日の朝には「はやくあかちゃんにあいたいな」と言うまでに(^^;。
緊張気味の甥っ子の相手をして積み木を積んだり集めたり。いろいろと世話を焼くのは娘だった。そうそうその調子。ライバル(^^;と仲良くするのは処世術の基本でありますヨ。
ワタシは一足先に店に戻り、その後のご入金分の発送作業を一渡り。開店は17時過ぎに。雨が降り出して店を開ける必要性は全然なくなってしまったけれど、”年中無休”の看板を下ろすわけには行かない。外は湿気で蒸し暑い。
19時半に閉店して夕食。勿論食後は仕事仕事。
0817.jpg

2004-08-17 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事