金曜日は横浜へ


13日の金曜日。
東京組合発行の「古書月報」が届いたので行きの電車で読む。神田特集号。決して神田の宣伝というわけではなく、古本屋にとって神田という存在とは何か、という大変興味深い視点でいろいろなアンケートと取材をもとに構成されていた。読んでいたらあっというまに反町駅。改札口までの長い長いエスカレーターを昇り切るまでになんとか読み切った。
今日は入札市会で、サブカル市会が併設されていた。普段見慣れないGIジョーのフィギュアがずらり。ううむ、これはすごいなぁ。ワタシのような様子のわからない者でも”すごい”というオーラを感じることができた。
ホームページ更新作業など。仕事をしているうちに次々と新たな課題を突きつけられる。戸惑いながらも対応を考えたり。ワタシはたしか古本屋を仕事にしていたはず・・・。アタマが混乱しそうだ。
帰りの東横線ではコヨーテの続きを読む。うーん、モノクロフィルムを詰めたT3を片手に知らない場所を思いっきり徘徊してみたいなぁ・・・。
店に戻るとオヤジが蔵王と安達太良山で撮影した写真を3本見せられた。BMで撮影された蔵王のお釜も、安達太良山の別名乳首山と呼ばれる所以の様子をとらえた写真も見た。黙って見せられればコンパクトカメラとは思えない良い画質。なかなか写真ウマイんじゃないですか?
再び遠出をして写真をバチャバチャ思いっきり撮りたい衝動にかられる。
その後は仕事。夕食は切り干し大根の煮付けと冷奴。噛めば噛むほど、の献立。ありがたい。
ちょっと気持ちが行き詰まった状態。ゴッドファーザーパート2を3時間かけて見てしまった。
0813.jpg

2004-08-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事